研究支援

茨城大学の女性研究者支援制度

茨城大学では、平成28年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」の採択を受け、第3期中期目標・中期計画の女性教員比率5%増の目標達成のため、下記の支援を実施しています。

ライフイベントと研究の両立支援

ライフイベント研究支援員制度

出産・育児・介護等のライフイベントに直面している研究者に対して、一定期間ライフイベント研究支援員を配置して、ライフイベントと研究の両立を図る制度です。本制度を利用して研究を継続することで、研究者が力を最大限発揮させて、本学の研究力を強化することを目的としています。

対象:

  • 男性※1・女性
  • 育児・介護
  • 教員又は研究者※2

※1 男性の場合、配偶者である女性が大学、大学共同利用機関、独立行政法人で雇用されている教員・研究者、又は大学などが受け入れる日本学術振興会特別研究員(フルタイム)である場合に限ります。

※2 研究者は、週20時間以上茨城大学に雇用されている方(ただし、外部資金により雇用されている方は当該外部資金配分機関に本事業(文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」による支援を受けられるかどうか確認の上、申請してください)。

研究復帰支援制度

出産・育児・介護等のライフイベントのためにやむを得ず研究を一時中断していたのち、復帰した研究者を対象に、研究を再開して、外部資金獲得にも取組むための研究復帰支援費(研究費)を助成する制度です。研究者の研究への円滑な復帰とステップアップを目指しています。

対象:

  • 男性※1・女性
  • 育児・介護
  • 教員又は研究者※2

※1 男性の場合、配偶者である女性が大学、大学共同利用機関、独立行政法人で雇用されている教員・研究者、又は大学などが受け入れる日本学術振興会特別研究員(フルタイム)である場合に限ります。

※2 研究者は、週20時間以上茨城大学に雇用されている方です。ただし、外部資金により雇用されている方は原則として対象外とします。

◎ 本研究支援制度採択者には、成果報告会にて研究成果を発表していただくことを予定しています。また、研究代表者として来年度科研費の申請または継続手続きを行うことが必須要件です。

女性研究者の研究力向上、女性リーダー育成

女性エンパワーメント支援制度

本学で、教育・研究・社会貢献の分野において活躍が認められ、より高い研究力・指導力向上を目指す女性研究者を顕彰し、今後の学内外でのさらなる活躍のための能力向上を目的として研究費を助成する制度です。本研究費をインセンティブとして、女性研究者が学内外において活躍するリーダーに成長することを期待しています。

対象:

  • 女性
  • 教員又は研究者※1

※1 研究者は、週20時間以上茨城大学に雇用されている方です。ただし、外部資金により雇用されている方は原則として対象外とします。

◎ 本研究支援制度採択者には、成果報告会にて研究成果を発表していただくことを予定しています。また、研究代表者として来年度科研費の申請または継続手続きを行うことが必須要件です。