学長あいさつ

 茨城大学では、地域社会の皆様、企業等の皆様、同窓生の皆様などから広くご支援を頂く仕組みとして、常設の「茨城大学基金 Next Step」を創設致しました。本基金創設に当たり、皆様のご協力をお願い申し上げます。

 本学は、1949 年5 月に新制大学としてスタートして以来、60数年の歴史を刻んで来ました。現在では、5 学部、4 大学院研究科で約8,400 名の学生が学ぶ総合大学へと発展し、学部卒業生と大学院修了生の総数は9万人を超えています。このように有為な人材を輩出してきた伝統の上に、現在、地域と世界で活躍する人材を育てるための大学改革に取り組んでいます。そのため、広い視野を養う教養教育を重視し、「たくましい茨大生」の育成に向けた教育転換を図るとともに、アジアや欧米の大学でグローバルに学ぶ交換留学や短期研修も拡充し、学生の成長を支援する環境づくりを進めています。
 本学のもう一つの特色は、地域に根ざし、持続可能な地域社会づくりに貢献していることだと自負しています。これまで、地域企業との共同研究、環境保全と自然エネルギーの開発、防災、自治体のまちづくり支援などの実績を積み重ねて参りました。また、研究面でも、量子線科学や気候変動問題、バイオ燃料、霞ヶ浦の環境改善、自然災害・放射能災害からの復興支援など特色ある研究活動を一層強化し、茨大発の成果を国際的に発信して、地域創生に貢献していきたいと考えています。

 このような取組を一層進める上では、財務基盤の充実が不可欠であり、皆様からのご支援をお願い申し上げる次第です。そのため、教育、研究、地域連携、国際化の取り組み等、目的を指定してご寄付いただける仕組みとして「茨城大学基金」を設置しました。ご寄付頂いた浄財は、指定された目的に沿って使用させて頂きます。社会の期待に応える大学として成長したいという本学の志をご理解いただき、さらなるご支援、ご協力をお願い申し上げます。

茨城大学長 三村信男

ページトップに戻る