ご寄附の使途・支援事業

 茨城大学基金には、一般基金と特定基金があり、下記の事業支援を目的としたご寄附をお願いしております。法人全体で寄附金を管理し、スケールメリットを活かした運用をしてまいります。

一般基金は、国際交流事業、社会連携事業、産学官連携事業、大学記念事業、施設整備事業、学部等の教育研究、学生の課外活動等、幅広い事業を対象としており、大学の事業計画に基づく事業への支援を行います。

 特定基金は、特定の目的に限定された事業への支援を行います。

 寄附者の皆様にはご支援いただく事業をお選びいただき、ご寄附賜りますようお願い申し上げます。

【一般基金】...大学の事業計画に基づく事業への支援

茨城大学基金

  • 国際交流事業...大学間協定校等との国際交流や国際シンポジウム等の開催支援
  • 社会連携事業...地域連携プロジェクトや学生等地域参画活動への支援
  • 産学官連携事業...共同研究・受託研究への支援
  • 大学記念事業...学部・大学院・センター等の記念式典支援
  • 施設整備事業...学生交流会館や教育施設設備の整備支援
  • 学部等の教育研究...学部・大学院・センター等の教育研究活動や環境の整備、プロジェクト支援
  • 学生の課外活動...合同企業説明会開催などの就職活動支援、福利厚生の整備、課外活動団体への支援
  • その他...寄附者のご意思によるもの

※支援事業や支援先をご指定いただく場合には、お申し込みの際にご記入ください。

海外学生との交流

海外学生との交流

地域連携活動

地域連携活動

産学官連携協定

産学官連携協定

合同企業説明会

合同企業説明会

【特定基金】...特定の目的に限定された事業への支援

修学支援事業基金(修学が困難な学生への経済的な支援)

  • 授業料の減免
  • 奨学金の給付
  • 留学支援
  • TA(Teaching Assistant)・RA(Research Assistant)にかかる経費負担 など

税額控除対象基金

税制上の優遇措置について

 

05
06
07
08

創立70周年記念事業基金

 2019年の創立70周年、さらに2024年の創基150周年に向けて、学生にとってより一層学びやすい環境や研究環境の充実を目標とした魅力あるキャンパスづくりを進めるとともに、学生、教職員、卒業生及びステークホルダーの間で茨城大学への愛着と誇りを高めるための記念事業の支援

茨大70周年ロゴ

事業目的

  • 地域の知の拠点としての歴史を振り返り、本学が果たした役割と実績を確認する機会にする。
  • 社会の急速な変化の中で、未来を切り拓く将来ビジョンを考える。
  • 3キャンパスにおいて学生の学修環境を整備し、本学の魅力を高める。

各キャンパスの実施事業

(1)創立70周年記念事業【全学的取組・水戸キャンパス】

(全学的取組)

  • 学生が海外研修や地域活動などに取り組む、本学の新しい実践的な教育環境の充実
  • 茨城大学の歴史を、インタビュー映像や画像資料で振り返るビジュアル年表製作プロジェクトの実施
  • 記念式典や記念講演会の開催

(水戸キャンパス)

  • 福利会館(学生生協)を増築し、学生や地域の方々の憩いの場として、安らぎのある空間を提供

(2)創立70周年記念事業【日立キャンパス】

  • 正門周辺の開放的で洗練された景観整備による、より開かれた魅力あるキャンパスの創造

(3)創立70周年記念事業【阿見キャンパス】

  • 国内外で活躍できる実践型人材養成のための教育研究環境の整備
  • 地域の食の未来を支える新たな教育・研究機能を備えた総合研究棟、フードイノベーションセンター(仮)の新設

附属中学校生活環境改修工事のための支援

トイレ等の改修など、生徒の生活環境改善のための整備を支援

寄附金募集のお願い

ページトップに戻る