大学院人文社会科学研究科(修士課程)のポリシー
  1. ホーム
  2. 教育
  3. 茨城大学の教育ポリシー
  4. 大学院人文社会科学研究科(修士課程)のポリシー

CONTENTS大学院人文社会科学研究科(修士課程)のポリシー

ディプロマ・ポリシー

茨城大学人文社会科学研究科は、以下の5つの知識、能力及び姿勢を身に付けることをもって、修士(学術)の学位を授与する。

1.専門分野の学力・研究遂行能力

人文科学又は社会科学各分野に関する高度専門職業人として必要な専門知識及び調査・研究能力

2.世界の俯瞰的理解

人間の文化又は現代社会が直面する学術的文化的諸課題の解明に向けた幅広い知識と理解力

3.国際的コミュニケーション能力

社会のグローバル化に対応し、文化的に多様な人々と協働して課題解決をしていくための高度な思考力、判断力、表現力及びコミュニケーション能力

4.社会人としての姿勢

社会の持続的な発展に貢献できる高度専門職業人としての意欲と主体性及び倫理観

5.地域活性化志向

高度専門職業人として茨城県をはじめとする地域の課題解決を通じた活性化に、専門性を活かして主体的、積極的に取り組もうとする志向

カリキュラム・ポリシー

1.教育課程の編成

ディプロマ・ポリシーで定めた5つの知識、能力及び姿勢を育成するため、共通科目、研究科共通科目を開講するとともに、専門分野に関する高度の専門的知識及び能力を修得するために人文科学及び社会科学の専門科目を開講する。

2.課題発見・解決能力の育成

主体的に課題を発見し、高度専門職業人としての知識、技能及び研究遂行能力を育成するため、人文科学及び社会科学の研究推進科目を配置し、複数教員による研究指導を行う。

3.俯瞰的理解の育成

大学院教育を限られた専門分野にとどめず、俯瞰的な視野とコミュニケーション能力、創造性と想像力、職業的素養及び倫理観をもつ人材を育成するため、基盤養成科目と研究科や専攻をまたぐ横断的プログラム等の科目群を開講する。

4.地域活性・グローバル化に取り組む姿勢を育成する教育

幅広い知識と高い専門性を活かして地域志向の視野と国際的な視野を育み社会貢献できる能力を育成するために、キャリア支援科目を配置する。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める能力・資質

人文社会科学研究科では、次のような関心と能力を有する学生を求める。

  1. 人文科学又は社会科学の研究に深い関心と熱意を有する人
  2. 在学中に幅広い視野と深い専門性を身に付け、人間の文化と現代社会が直面する学術的政策的諸課題の解明に向けて、意欲的計画的に調査・研究をすすめる素地となる専門分野の基礎知識、基本的研究手法及び表現力を身に付けている人
  3. 修了後に、知識基盤社会における高度専門職業人として、文化と社会の持続的発展のために、諸課題を調査研究し、課題の解決に努め、貢献しようと考えている人

関連リンク

人文社会科学研究科の各専攻のポリシー

修士課程・博士前期課程のポリシー

他研究科のポリシー