大学院理工学研究科(博士前期課程)のポリシー
  1. ホーム
  2. 教育
  3. 茨城大学の教育ポリシー
  4. 大学院理工学研究科(博士前期課程)のポリシー

CONTENTS大学院理工学研究科(博士前期課程)のポリシー

ディプロマ・ポリシー

茨城大学大学院理工学研究科博士前期課程では、茨城大学大学院博士前期課程修了者として身に付ける知識、能力、姿勢に加えて、以下の能力、姿勢を身に付けることをもって、修士(理学)又は修士(工学)の学位を授与する。

1.専門分野の研究能力

専門とする科学・技術の分野に求められる知識と技能に基づき、研究を遂行する能力

2.専門分野の課題解決能力

専門とする科学・技術の分野における課題を発見し、解決しうる能力

3.人間社会の俯瞰的理解

人間社会における科学・技術の位置付けを理解できる能力

4.説明・情報発信能力

携わった研究・技術開発の人間社会の中での位置付けを理解し、専門外の人にも説明できるとともに、社会一般に情報提供しうる能力

5.地域活性化に貢献する姿勢

専門の研究・技術開発に携わることにより修得した課題解決能力を活かして地域の活性化に取り組む姿勢

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに示す教育目標を満たすため、単位の実質化を図り、各授業科目の到達目標及び明確な成績評価基準に基づく厳格な成績評価を行うとともに、学習成果の可視化に努め、教職員と学生の相互協力と点検により不断の教育改善を推進する。 その教育課程編成の方針を以下に示す。

1.専門分野の研究遂行能力

専門とする学問分野で求められる知識と技能に基づき、研究を遂行する能力を育成するため、演習、実習を中心とした専門科目を開講するとともに、複数指導教員制の下での組織的な研究指導を行う。

2.専門分野の課題解決能力

専門とする分野の科学技術全体における位置付けを理解するとともに、課題を発見し解決しうる能力を育成するための科目を開講する。

3.人間社会の俯瞰的理解

人文科学や社会科学の要素を含む大学院共通科目の履修を修了要件とすることで、専門とする科学技術のあり方を異なった立場から多角的にとらえることができる能力を育成する。

4.説明・情報発信能力

人文科学や社会科学の要素を含む大学院共通科目の履修を修了要件とすることで、研究成果の人間社会の中での位置付けを理解して専門外の人にも説明できる能力を育成する。

5.地域活性化に貢献する姿勢

近隣に位置する先端的科学技術研究機関、企業及び茨城県等の自治体と連携することで、地域の活性化に取り組む姿勢を育成する。

アドミッション・ポリシー

入学者に求める能力・資質

理工学研究科博士前期課程において、入学者に求める知識、技能及び意欲は以下のとおりである。

  1. 専門とする科学・技術の分野に関する、学士課程卒業者に求められるのと同等以上の知識と技能
  2. 専門知識と技能を活かし、研究者・高度専門職業人として幅広い分野で活躍することで、地域の活性化に貢献する意欲

入学者選抜において評価する能力・成果

理工学研究科博士前期課程の入学者選抜においては以下の知識、技能及び意欲を評価する。

  1. 専門とする科学・技術の分野に関する、基礎的学力と技能
  2. 幅広い分野で活躍するために必要な語学力
  3. 問題解決に積極的に取り組む意欲

【推薦入試:量子線科学専攻及び理学専攻】 入学者選抜において上記の能力・資質を確認するため、面接(口述諮問を含む)においては志望研究分野の理工学的専門知識や、学修および研究に取り組む意欲・修了後の希望進路を含む進学の目的意識を評価し、学業成績及び推薦書の内容においては基礎的学力と技能・幅広い分野で活躍するために必要な語学力を評価する選抜試験を行い、総合的に判断する。

【推薦入試:工学系各専攻】 入学者選抜において上記の能力・資質を確認するため、面接においては志望研究分野の理工学的専門知識や、学修および研究に取り組む意欲・修了後の希望進路を含む進学の目的意識を評価し、学業成績及び推薦書の内容においては基礎的学力と技能・幅広い分野で活躍するために必要な語学力を評価する選抜試験を行い、総合的に判断する。

【一般入試】 入学者選抜において上記の能力・資質を確認するため、面接(口述諮問を含む)においては志望研究分野の理工学的専門知識や、学修および研究に取り組む意欲・修了後の希望進路を含む進学の目的意識を評価し、学業成績およびTOEIC又はTOEFLにおいては基礎的学力と技能・幅広い分野で活躍するために必要な語学力を評価する選抜試験を行い、総合的に判断する。

【社会人特別入試】 入学者選抜において上記の能力・資質を確認するため、面接においては志望研究分野の理工学的専門知識や、学修および研究に取り組む意欲を評価し、学業成績および推薦書においては基礎的学力と技能・幅広い分野で活躍するために必要な語学力・問題解決に積極的に取り組む意欲を評価し、志望理由書においては修了後の希望進路を含む進学の目的意識を評価する選抜試験を行い、総合的に判断する。

【大学に3年以上在学する者に係る特別入試】 入学者選抜において上記の能力・資質を確認するため、面接(口述諮問を含む)においては志望研究分野の理工学的専門知識や、学修および研究に取り組む意欲・修了後の希望進路を含む進学の目的意識を評価し、学業成績およびTOEIC又はTOEFLにおいては基礎的学力と技能・幅広い分野で活躍するために必要な語学力を評価する選抜試験を行い、総合的に判断する。

【外国人留学生特別入試】 入学者選抜において上記の能力・資質を確認するため、面接(口述諮問を含む)においては志望研究分野の理工学的専門知識や、学修および研究に取り組む意欲・日本語コミュニケーション能力を評価し、学業成績およびTOEIC又はTOEFLにおいては基礎的学力と技能・幅広い分野で活躍するために必要な語学力を評価する選抜試験を行い、総合的に判断する。

関連リンク

理工学研究科の各専攻のポリシー

大学院理工学研究科(博士後期課程)のポリシー

修士課程・博士前期課程のポリシー

他研究科のポリシー

理工学研究科の各専攻のポリシー(旧専攻)