[特集]茨大×カーボンニュートラル
  1. ホーム
  2. [特集]茨大×カーボンニュートラル

CONTENTS[特集]茨大×カーボンニュートラル

 茨城大学では、気候変動分野に関する長年の研究・教育の実績を活かし、地域企業や自治体等と連携したカーボンニュートラルの達成に向けた取り組みを重点的に進めています。

 その一環として、茨城大学は大学等間の連携を強化するための「カーボン・ニュートラル達成に貢献する大学等コアリション」(2021年7月発足予定)に加盟し、その中で、全体を取りまとめる「総会」および地域の脱炭素化に取り組む「地域ゼロカーボン ワーキンググループ」に参画する予定です。

茨城大学における気候変動分野の研究・教育の実績

 茨城大学は2006年に設立した地球変動適応科学研究機関(ICAS/現 地球・地域環境共創機構(GLEC))を中心として、国内外における気候変動分野の研究・教育活動を推進してきました。

カーボンニュートラルに関する普及・啓発活動

 茨城大学では、学内外の専門家を講師とする講演会の開催などを通じて、カーボンニュートラルに関する社会的な背景や国内外の最新動向、技術開発の要点などの情報を発信し、地域の企業等と連携した取り組みにつなげています。

2050年カーボンニュートラル連続講演会(2021.04.23
2050年カーボンニュートラル実現に向けたイノベーション」
講師:山地憲治氏(東京大学名誉教授、地球環境産業技術研究機構副理事長・研究所長)

2050年カーボンニュートラル連続講演会(2021.05.10)
「グリーンリカバリーと気候危機:世界と日本の動き」
講師:小西雅子氏(世界自然保護基金(WWF)ジャパン専門ディレクター(環境・エネルギー)、昭和女子大学グローバルビジネス学部特命教授)

2050年カーボンニュートラル連続講演会(2021.05.21
「パリ協定後の気候変動対策-変化の中での企業と地域」
講師:高村ゆかり氏(東京大学未来ビジョン研究センター教授)

2050年カーボンニュートラルオープンセミナー(2021.07.08
「カーボンニュートラル事始め―CO2発生源の把握・対策に関する世界と日本の動き
講師:三村信男氏(茨城大学前学長、地球・地域環境共創機構特命教授)

[座談会]ファシリテーター:小寺昭彦(地球・地域環境共創機構講師)、ゲスト:吉田友紀子(工学部助教)

カーボンニュートラルに関するご相談・お問い合わせ

 本学では企業や自治体と連携したカーボンニュートラルの達成の取り組みを推進していきます。茨城大学が有する研究シーズの活用等、カーボンニュートラルに関するご相談・お問い合わせは以下へお願いいたします。