大学院長期履修学生制度
  1. ホーム
  2. 在学生向け情報
  3. 経済的支援制度
  4. 大学院長期履修学生制度

CONTENTS大学院長期履修学生制度

茨城大学大学院長期履修学生制度について

本学の大学院研究科では、平成16年度から長期履修学生制度を導入することになりました。
なお、平成15年度入学者から適用することといたしましたので、お知らせいたします。

長期履修学生制度とは

職業を有している等の事情で、通常の学生よりも1年間で履修可能な単位数や研究指導を受ける時間が制限されるため、本学研究科の標準履修年限(修士課程 及び博士前期課程は2年間、博士後期課程は3年間)を超えて在学しなければ課程を修了することができない者に対する制度です。
この制度は、本人の申請に基づいて審査し、標準履修年限を超えて長期履修をあらかじめ認め計画的に課程を修了することにより、学位の取得を可能にしたものです。

長期履修期間は

  1. 修士課程及び博士前期課程は、3年間又は4年間
  2. 博士後期課程は、4年間~6年間

長期履修学生の在学できる期間は

1.修士課程及び博士前期課程は、長期履修期間により
2.博士後期課程は、長期履修期間により

長期履修学生として認められた期間の授業料は

1.修士課程及び博士前期課程は、長期履修期間により

※ 標準履修の場合は、前・後期とも267,900円

2.博士後期課程は、長期履修期間により

注意

  1. 長期履修期間については、延長又は短縮することが認められる場合があります。 その場合、授業料の額も変更になります。
  2. 長期履修期間の授業料総額は、標準履修期間の総額と同額となります。

長期履修学生制度について、詳しくは、各研究科事務部、又は、下記の事務部に、お問い合わせ願います。

学務部学務課
TEL : 029-228-8414
住 所 : 水戸市文京2-1-1
担当者 : 共通教育グループ