【Column】<br>深呼吸の時間
  1. ホーム
  2. コラム
  3. 【Column】深呼吸の時間

CONTENTS【Column】
深呼吸の時間

 国内外で活動するアーティストでもある茨城大学の菊池あしな理事が新型コロナウイルス感染症で変わりゆく世界に生きるあなたへ贈る、絵のプレゼントです。定期的にアップデートしていきます。

2020/07/08

ありがとうを込めて

ありがとうを込めて
Warm thanks

2020/07/01

直接会えないけれど、繋がる方法を探りあう今日この頃

直接会えないけれど、繋がる方法を探りあう今日この頃
I can't meet you face to face, but looking for ways to connect

2020/06/24

足元に、野草たちが賑わう春

足元に、野草たちが賑わう春
Spring wildflowers flourish on the ground

2020/06/17

静かな週末風景 新たな一週間が少し良くなることを願って

静かな週末風景 新たな一週間が少し良くなることを願って
Hope the new week will be a little better after a quiet weekend

2020/06/10

大きな木を見上げたいと思う日もある

大きな木を見上げたいと思う日もある
Sometimes I want to look up at a big tree

2020/06/03

太陽の下また一緒に語り合える日を願って

太陽の下、また一緒に語り合える日を願って
Dreaming a day to meet in the bright Sun

2020/05/27

IMG_1_Ashina.JPG

光が少しでも降り注ぎますように
Warm light shines on lives

From Ashina 

こんにちは。絵を見て下さってありがとうございます。
今日は、どんな日を過ごされていますか?

新型コロナウィルスで変化していく日々、
遠く離れた地に住む友人やその家族を思い不安を感じながら
自分には何ができるのだろうかと、考える事がふえました。

そんなこともあり、小さな事でも出来ることをしてみようと
会えない友人たちに向けて、絵を描いて画像を送ることを始めました。
この絵は、自分を表現するものではなく、プレゼントするもの。
自然の優しさや美しさ、生命力に焦点を当てて、なるべく温かみのあるものにします。
Googleで翻訳した外国語の応募メッセージを添えて友人達にSNSで送ったところ、
あたたかいメッセージを沢山いただくことができ、思いがけず驚いています。

今、新型コロナウィルス感染症で、これまでと違う生活が続き、
不安や不調も抱えやすい時期かと思います。この時期を乗り越えた後、
キャンパスに学生さんや先生たちの笑顔が再び戻る日を願って
こちらにも、絵を届けていきたいと思います。

絵を眺めながら、または、どこかの風景を思い浮かべながら、
ちょっと、深呼吸して休んでくださいね。

●菊池あしな(きくち・あしな)/茨城大学理事(国際連携)

IMG_5830_R.JPG