沿革・歴史

茨城大学は、昭和24年(1949年)5月31日国立学校設置法(昭和24年法律第150号)により、旧制の水戸高等学校・茨城師範学校・茨城青年師範学校及び多賀工業専門学校を包括し、文理学部・教育学部・工学部の3学部からなる新制大学として発足しました。

沿革の概要は、次のとおりです。

昭和27年4月茨城県立農科大学を国に移管し、本学農学部設置
昭和30年6月五浦美術文化研究所設置 ※
昭和30年7月工業短期大学部併設
昭和42年6月文理学部を改組し、人文学部・理学部・教養部設置
昭和43年4月大学院工学研究科(修士課程)設置
昭和44年1月地域総合研究所設置 ※
昭和45年4月大学院農学研究科(修士課程)設置
昭和48年4月保健管理センター設置
昭和54年4月大学院理学研究科(修士課程)設置
昭和60年4月東京農工大学大学院連合農学研究科(博士課程)の構成大学となる
昭和63年4月大学院教育学研究科(修士課程)設置
平成元年5月共同研究開発センター設置
平成3年4月大学院人文科学研究科(修士課程)設置
機器分析センター設置
平成4年4月生涯学習教育研究センター設置
平成5年3月工業短期大学部を廃止
平成5年4月大学院工学研究科(博士課程)設置
平成7年4月大学院工学研究科(博士課程)を大学院理工学研究科(博士課程)に名称変更
大学院理学研究科(修士課程)を廃止し、大学院理工学研究科(博士課程)に再編成
平成8年3月教養部を廃止
平成8年4月大学教育研究開発センター設置 ※
平成9年4月広域水圏環境科学教育研究センター設置
平成11年4月遺伝子実験施設設置
平成13年4月留学生センター設置
平成14年4月学生就職支援センター設置 ※
平成16年4月国立大学法人茨城大学設立
平成17年7月学術情報局設置
同局に図書館及びIT基盤センター設置
平成18年4月大学教育研究開発センターを大学教育センターに改組
平成18年5月入学センター及び地球変動適応科学研究機関設置
平成18年10月農学部附属農場を附属フィールドサイエンス教育研究センターに改組
平成20年4月フロンティア応用原子科学研究センター設置
平成21年5月産学官連携イノベーション創成機構設置
宇宙科学教育研究センター設置
平成22年4月教育振興局、学術振興局設置
平成25年4月社会連携センター設置
平成28年4月全学教育機構設置
全学教職センター設置
大学院教育学研究科(専門職学位課程)設置
平成28年5月入学センターを廃止し、アドミッションセンター設置

印は、学内措置で設置した施設を示す。

再構築を実行中です...