1. ホーム
  2. NEWS
  3. 成績優秀学生68名を表彰 表彰者は授業料を一部免除

成績優秀学生68名を表彰 表彰者は授業料を一部免除

 11月18日、令和3年度前学期成績優秀学生表彰式を開催しました(表彰式は新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を講じたうえ、対面にて実施。また、各キャンパスをオンラインでつないで開催)。
 この制度は、学生の勉学意欲の向上に資することを目的として、学業成績が特に優れ、かつ、人物が優秀であると認められる学生を表彰するとともに、授業料を免除するものです。今回は、学部4年次生37名及び大学院修士課程・博士前期課程1年次生31名、計68名に表彰状を授与しました。表彰された学生は、令和3年度前学期分授業料の一部が免除されます。
 表彰式で太田学長は、「68名もの学生を今回表彰することができ、教職員一同大変嬉しく思う。近年我々はSDGsで解決が目指されているような、多くのグローバルな問題に直面をしている。それらの問題は大変複雑であり、どうやって解決すべきかをみんなで考えていかなければならない。今回表彰された皆さんはいわゆる"Z世代"であり、横の繋がりを作ることを得意とし、環境問題に対する意識も高いと思う。今後一層専門分野に磨きをかけていただき、社会に出た際に、常にそういった問題について考えられる人になっていただきたい。」と語りました。
 これに対し、表彰を受けた工学部4年の遠藤柚季さんは、「このような賞をいただくことができ、大変嬉しい。日頃から親身にご指導いただいております先生方、ならびに私たちの学びを様々な面から支えてくださっている全ての方々に感謝を申し上げたい。大学卒業後は、これまで大学で学んだ知識を最大限に活かして社会で活躍していきたい。」と謝辞を述べました。
 また、農学研究科1年の宇賀神温さんは、「大学の教職員のご支援・ご配慮のおかげで楽しんで研究をすることができている。大学院で学んだことを誇りに思い、社会に出た後も努力していきたい。」と意気込みを語りました。
 成績優秀学生として表彰し授業料の一部を免除する制度は、平成30年度から実施しており、学部生だけではなく、大学院修士課程・博士前期課程の学生までが表彰の対象となります。学部から大学院進学まで途切れることなく支援することで、学生の学修意欲向上につながることを目指しています。

表彰を受けた学生(水戸キャンパス)

表彰を受けた学生(日立キャンパス)


表彰を受けた学生(阿見キャンパス)