1. ホーム
  2. NEWS
  3. 「観月会2021」世界的な現代美術作家・陶芸家 近藤高弘氏の作品展示テーマ「波動」黙とうの姿うつした坐像 六角堂から海を臨む

「観月会2021」世界的な現代美術作家・陶芸家 近藤高弘氏の作品展示
テーマ「波動」黙とうの姿うつした坐像 六角堂から海を臨む

 茨城大学五浦美術文化研究所(北茨城市)は、10月19日(火)~11月23日(火・祝)、六角堂・天心邸を会場に、「観月会2021 東日本大震災10年追悼特別展:近藤高弘《波動》」を開催します。

 美術思想家・岡倉天心は、1905年に現在の北茨城市五浦に六角堂を構え、その後日本美術院を移すなど、五浦の地を拠点に日本美術の振興や国際的な活動を展開。また、各界の名士を招待した「仲秋観月会」を開催していました。このことを偲び、茨城大学五浦美術文化研究所や岡倉天心偉績顕彰会では、長年にわたって「観月会」の名を冠した展覧会などの多彩な催しを開いています。

rokkakudou.jpg 六角堂

 今年度の「観月会2021」では、世界的な現代美術作家・陶芸家の近藤高弘氏の作品の展示を行います。近藤氏は1958年京都市生まれ。陶芸家として京都の染付磁器の伝統を継承しながら、現代アートの世界でも活躍しており、その作品はボストン美術館、シアトル美術館、フランス国立ギメ東洋美術館(常設展示)など海外の美術館にも収蔵展示されています。宮城県刈田郡七ヶ宿町での作陶活動もしており、2011年の東日本大震災以降は、東北の土と登窯でつくった2000個の陶器を被災者に届ける「命のウツワ」という活動や、黙とうする自身の姿をうつした坐像のシリーズ《Reduction》をつくりあげました。

Reduction-wave-_2017.jpg 近藤高弘 Reduction-Wave- 2017
(Photograph: Sylvain Deleu)

 今回の企画では、六角堂に坐像の作品を展示するほか、天心邸においては「命のウツワ」のために制作した茶碗の一部などを展示します。茨城大学五浦美術文化研究所の藤原貞朗所長(人文社会科学部教授)は、「東北の海岸に佇む坐像を見たときから、いつか六角堂で展示をしたいと願っていた。東日本大震災から10年という節目に、津波に流され再建された六角堂でこの展示を行うことには、大きな意味がある」と語っています。

    zazou02zazou01六角堂に展示された坐像

    観月会2021 東日本大震災10年追悼特別展:近藤高弘《波動》

    • 会期 2021年10月19日(火)~11月23日(火・祝)
      月曜日休館(11月22日(月)は開館)
    • 開館時間 8:30~17:00(10月)、8:30~16:30(11月)
    • 会場 茨城大学五浦美術文化研究所 [六角堂・天心邸]
    • 主催 茨城大学五浦美術文化研究所
    • 入場料 400円(中学生以下無料)
      ※各種割引等については五浦美術文化研究所ホームページをご覧ください https://rokkakudo.izura.ibaraki.ac.jp/access

    関連リンク

    • 観月会2021(五浦美術文化研究所のページにジャンプします)