1. ホーム
  2. NEWS
  3. 「チバニアン」入門書発売!―岡田教授が子ども向けにわかりやすく語る1冊

「チバニアン」入門書発売!
―岡田教授が子ども向けにわかりやすく語る1冊

 日本の地名が由来となった最初(で最後?)の地質時代名「チバニアン」。その立役者のひとりが、提案チームのリーダーを務めた茨城大学大学院理工学研究科(理学野)の岡田誠教授ということもあり、「『チバニアン』のことがわかりやすく書かれた入門書はないですか?」という問い合わせを本学にいただくこともしばしば。

 このたび満を持して、岡田教授が執筆した子ども向けの科学本『チバニアン誕生 方位磁針のN極が南をさす時代へ』(ポプラ社)が出版されました。「子ども向け」といってもあなどることなかれ。図版も多く、地磁気逆転のことが詳しくわかる、大人にも最適な1冊です。

最初に...「チバニアン」とは?

 「千葉」が由来となっている「チバニアン」は、77万4000年前~12万9000年前の期間を示す地質年代の名前です。その前の時代が「カラブリアン」で、千葉県市原市にある地層では、この「チバニアン」と「カラブリアン」の境界を一番よく示している、ということが国際会議で認められ、20201月に「チバニアン」という名称がつきました。
 この正式な認定へ向けて研究活動をしてきた提案チームの代表が、岡田誠教授です。

本の中身を覗いてみると...

 その岡田教授が語る「チバニアン」入門の書。こちらが表紙。

chibanian_2.jpg

 カラフルな地層に、上下反転した姿で描かれた動物や化石たち。「はじめ人間ギャートルズ」を彷彿とさせる「チバニアン誕生」のタイトル文字。なんと千葉県市原市出身という米村でんじろう先生も「オススメ」してくださっています。

 このポップな雰囲気を裏切ることなく、中身も写真やかわいいマンガでいっぱいです。岡田教授と出かける「時間旅行」に、みなさんもきっとワクワクするはず!

chibanian_3.jpgchibanian_4.jpg 子ども向けといっても約200ページのボリューム。楽しく読めますが、読み応えもばっちり。目次に並んだ「チバニアンの時代、地球はどんなようすだったか」「地磁気はどうやってできているのか」「もうじき次の地磁気逆転が起こる!?」「生痕化石って、何?」といった見出しを見れば、専門的な知識がしっかり得られるということがわかると思います。岡田教授に話を聞くと、「子ども向けだから、たとえば『同位体』という言葉もそのままは使えない。でも言葉を説明すればわかりやすくなるわけではありません。一般的になじみの少ない地質学の話を、どうしたら楽しんで読んでもらえるか、一生懸命考えながら書き進めました」とのこと。編集者の力強いアシストもあって、まさに思いが叶った本になりました。

少年時代からの生い立ちも

chibanian_5.jpg

 第3章のタイトルは、「僕はこうして、地質学者になった」。岡田少年が研究者になるまでの生い立ちが紹介されています。ものづくりに熱中した小学生の頃、天体観測をきっかけに好きになった写真撮影、そして高校での地学の先生との出会い。特に地磁気への興味は、中学、高校のときに読んだ『地磁気の謎 地磁気は気候を制御する』がきっかけになったそう。岡田教授が今回こうした本を書こうと思ったのも、まさに自身の中高時代の運命的な出会いがあったからこそ、かも知れません。

「チバニアン」誕生へ手に汗握るドラマ

 後半は、ひょんなことから「千葉セクション」の申請活動のリーダーを務めることになり、「チバニアン」誕生に向けて、フルマラソン(しかもゴール間近で2度「延長」!?)のような勢いで研究成果を出していった系譜が描かれています。

chibanian_6.jpg

"ライバル"の候補地になっていたイタリアの申請チームとの国際レースは、まさに手に汗握る展開。短い期間で、地磁気逆転の記録や地層に残る花粉のデータなどを集め、千葉セクションの優位な点を主張していく日々の緊張感が伝わってきます。

「あとがき」で書かれた「理学部のすすめ」

 最後は岡田教授から、科学のおもしろさが熱い言葉で書かれています。そして、大学の多くの学部が、人間や仕事に役立つことを目的としている中、「唯一、研究対象が人間ではなく『自然(人間もふくむ)』であるのが、理学部なのだ」と書き、「理学部」の価値を語っています。

 「理学部での研究成果は、いつ人間の役に立つかはわからない。しかしその成果がなければ、いずれ人間社会はたちゆかなくなるだろう。理学部での研究は、人間社会がどこに進むべきかを示す道しるべのようなものだ」(本文より)

 「チバニアン」について、楽しく、なおかつとても正確に学べるのはもちろん、科学の深淵さにも触れて胸が熱くなる1冊。みなさんもぜひ手に取ってみてください!

書籍情報

  • タイトル:『ポプラ社ノンフィクション39 ~科学~ チバニアン誕生 方位磁針のN極が南をさす時代へ』
  • 著者:岡田誠
  • 発行:20216
  • 出版社:ポプラ社
  • 定価:本体1,500円(税別)

chibanian_7.jpg