1. ホーム
  2. NEWS
  3. キャリアセンターがスタジオに!毎週月曜のライブ配信の現場に潜入

キャリアセンターがスタジオに!
毎週月曜のライブ配信の現場に潜入

茨大newSTANDARD

「このライブをご覧の方からメッセージをいただきましたのでご紹介します。まずはこちらの方です」――葉書(?)を手にラジオパーソナリティの如く軽やかにライブ配信を進行しているのは、キャリアセンターのカウンセラーを務めている菊池美也子さん。COVID-19の影響で就活の事情が変化する一方、キャンパスへ行く機会がこれまでよりも減ってしまい、なかなかキャリアセンターへ足を運べないという学生もいるはず。そんな中、「キャリアセンターを身近に感じてほしい」という教職員の思いから始まったのが、毎週1回のラジオ風ライブ配信です。"ON AIR"の現場に潜入してきました。

キャリアセンターLIVE1

「茨大キャリアセンター MondayLIVE」はこの10月に始まったばかりです。その名のとおり毎週月曜日、お昼の12時から約15分間、就活に関する世の中の動きやキャリアセンターからのお知らせ、学生からの相談コーナーといった内容をライブ動画の形で配信しています。この日(10月12日)は、就職ガイダンスについて大切なポイントなどを紹介していました。

 オンラインライブ配信は菊池さんが提案。背景にはCOVID-19により学生との対面の交流の機会が減っていることもありますが、それ以前に、「キャリアセンターがガイダンスなどたくさんのプログラムを提供している中で、『ひとまずここにいけば最低限の情報が集まる』という、わかりやすい定型配信の場を作りたいと思っていたんです」と語ります。この菊池さんの提案に、キャリアセンターの教職員も共感。「どれぐらいの人が視聴してくれるかわからないけれど、とにかくやってみよう!」と、準備を進めてきました。

 月曜日のお昼12時。キャリアセンターにはちょっとした緊張感が走ります。相談室は、デザインボードと照明がセッティングされ、スタジオに早変わり。

キャリアセンターLIVE2

 キャリアセンターの他のスタッフもそれぞれの持ち場について、配信が滞りなく終わるよう固唾をのんで見守ります。

キャリアセンターLIVE3

 いえ、ただ静かに見守っているだけではありません。オープニングやコーナー切り替えのタイミングでは、マラカスや拍手で精いっぱい盛り上げます。

キャリアセンターLIVE4

「毎週ライブ配信をする!」という構想を実現するため、職員たちがいろんなアイデアを出しあって、実践しています。
 職員の山口菜穂さんは、「卒業までに1回もキャリアセンターを利用したことがない学生は結構多いんです。つながるきっかけを作れればと思っています」と語ります。今後、回を重ねていく中では、菊池さんだけでなく、他の教職員も交替で出演していくことも計画しているそう。職員の横手早季さんも、「キャリアセンターのメンバー全員の顔が見えるようにして、キャリアセンターを身近に感じてもらいたいです」と意気込んでいます。

キャリアセンターLIVE5

 さて、ライブ配信はあっという間に進行していきます。最後は「LIVE相談コーナー」。学生からWEB上の質問フォームやチャットなどで寄せられた質問に答えていきます。ひとりひとりのコメントを葉書大のカードに書き写しておくのも、ライブ配信を盛り上げるちょっとした工夫といえます。
 この日は、「筆記試験の対策はどのように進めたら良いのでしょうか」といった質問が寄せられており、SPI(総合適正検査)対策のテキストや今後のSPI対策講座を菊池さんが紹介していました。

「これから学生がどんどん関わり、いろんな質問や相談をくれて、オープンな場に育ってくれれば」と菊池さんは語ります。まだスタートしたばかり。これからもキャリアセンターのチャレンジは続きます。

「茨大キャリアセンター MondayLIVE」は、毎週月曜12:0012:15Teamsを使って配信しています。
 学生のみなさんは、Teamsの画面で「チーム」→「チームに参加/チームを作成」をクリックし、「コードでチームに参加する」でコード番号【iukw3fi】を入力することで参加できます。
 また、しばらくの間は、昼休み中、水戸キャンパス学生センターの入口前にテレビモニターを出して、月曜日の"生放送"はもちろん、平日のそれ以外の曜日も"再放送"を上映していますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

キャリアセンターLIVE6

 詳しくは、キャリアセンターからの情報を発信しているキャリアセンターのホームページをご覧ください。

(取材・構成:茨城大学広報室)

関連リンク