1. ホーム
  2. NEWS
  3. 株式会社Dinowに茨城大学発ベンチャーの称号を授与

株式会社Dinowに茨城大学発ベンチャーの称号を授与

ベンチャー称号式左から金野満副学長、太田寛行学長、高橋健太さん、佐川泰弘理事・副学長

 茨城大学はこのたび、本学大学院理工学研究科博士後期課程の高橋健太さんが代表を務める株式会社Dinowに対し、茨城大学発ベンチャーの称号を授与しました。

 株式会社Dinowは、放射線などによるDNAの損傷評価技術を通じたヘルスケアと安心安全な社会づくりを目指すベンチャー企業で、高橋さんの指導教員である中村麻子教授(放射線生物学)も関わる形で、今年(2020年)3月11日に設立されました。

企業の概要や構想を紹介する高橋さん企業の概要や構想を紹介する高橋さん

 925日に行われた大学発ベンチャー称号授与式で、太田寛行学長は、同社が掲げる「心をもった科学の発展」という企業理念や「DNA損傷評価から『健康』と『安心』を実現する」というミッションについて、「大学としてもぜひ推進してほしい」と共感を示しました。その上で、「現役大学院生の高橋さんが起業したというのが嬉しい。研究を事業に活かすというプロセスを、本学の大学院生のキャリアのひとつとして内外に示せた」と述べました。
 高橋さんは、「茨城大学発ベンチャーとして広報活動を行うことで、当社の技術への信頼が高まり、県内企業との協力機会増大につながることを期待している」と語っています。

 茨城大学発ベンチャーの称号は同社で8社目となります。

関連リンク