1. ホーム
  2. NEWS
  3. 【ブカツ】茨城大学SLSC(ライフセービング部)―海のレジャーの変化にも備えて再開待つ

【ブカツ】茨城大学SLSC(ライフセービング部)
―海のレジャーの変化にも備えて再開待つ

 今年は海のレジャーがどうなるかもまだ不透明ですが、毎年夏に茨城・大洗の海水浴場でライフセービング活動に勤しんでいるのが、茨城大学SLSC(ライフセービング部)のみなさんです。それぞれ筋トレなどできることをしながら、活動再開を心待ちにしています。榎本拓未さん(工学部4年)へのインタビューです。

ライフセービング1

―ライフセービング部の活動はよくわからないという新入生も多いと思います。まずはどんな活動か教えてください。
榎本「僕たちは茨城の大洗サンビーチで、毎年夏にビーチの監視や人命救助の活動を行っています。でもそれだけではなくて、全国のライフセービング部の学生が集まるインカレでは水泳やビーチフラッグの競技をしたり、ビーチでも海に親しんでもらうためのいろんなイベントを企画したりしてます」

―新入生の勧誘の状況は?
榎本「何人かが興味をもってくれていて、Zoomで話したりもしていますが、やっぱりみんなやったことのない活動なので、実際に体験するまではまだ迷っているという感じですね。今年の3月に結構たくさんの部員が卒業しちゃったので、今は2年生以上が4人しかいないんです。夏の活動を見据えると、最低でも全体で7人ぐらいは欲しいです」

―とはいえ、今年の海のレジャーがどうなるかはまだ不透明ですね・・・
榎本「そうですね・・・。大洗サンビーチの駐車場はようやく開放されましたが、例年のように7月に海開きできるか、あるいは海開きしたところで、例年より少ないのか、反対にみんな屋内での活動を避けて海とかに人が集中して多くなるのか、正直わからない状況です」

―大洗では社会人の方たちと一緒に活動するんですか?
榎本「はい。あと、他の大学、今は都内の杏林大、東京女子体育大、東洋大の人たちも一緒にやってます。そういう大学とも今はオンラインで情報交換してますよ。東京都内は茨城よりも活動を制限されていますけど、新歓のためにいろいろ工夫していて、そういう情報もとても役立ちます」

ライフセービング2

―人命を預かる活動。責任も重大ですね。
榎本「大洗での活動のスローガンは、「誰もが安心、安全、快適に楽しめるビーチ」です。僕自身、溺れている人の救助を経験していますが、それはマネキンでの練習とは当然違って、その人の肌の感触とか顔色とかを今でも憶えています。2年前の夏に、3人一緒に溺れてしまったということがあって、そのうち1人は浜から400メートルも離れた沖まで流されてしまっていました。そこまでいくと見つけるのも困難ですが、マリンジェットなども使って無事に保護することができました」

―日々のトレーニングが物を言いますね。
榎本「そうですね。普段大洗で指導をしてくださっているジーコ足立さんからは、「100点満点のレスキューはないが練習では100点を目指せ」と言われています。例年ですと6月に日本ライブセービング協会の研修があって、そこで基礎的な練習もしているのですが、今年は一旦キャンセルになってしまいました」

―なるほど。その意味では新入部員のトレーニングは大きな課題になりそうです。
榎本「ええ。急ピッチで仕上げていきたいです。同じユニホームを着たら、そこに来ている方たちから見たら、1年生か4年生かなんて関係ないですからね。ある一定のレベルまで成長させて、海開きに間に合わせたいです」

―海開きをしたとしても、ビーチでの密状態を防ぐとか、今年は新しい活動も加わるんじゃないですか?
榎本「まだどうなるかわかりませんが、例年の活動に加えて、そういうことも想定しておく必要があると思っています。また、自分たちが感染を広げないよう、少しでも体調が悪ければその部員は潔く活動を休ませるといったことも注意していきます」

ライフセービング3

―スポーツの要素と社会活動の要素が組み合わさっている点は、他の活動にない大きな特徴ですよね。
榎本「ただレスキューだけをしているだけではなくて、来てくれた人に楽しんでもらえるよう、ゴミ拾いを促したり、リレーや大縄跳びをしたりもしています。また、大洗のまちのお祭りにも参加して、地元の方々と交流を深めています。あとはスピーチの練習をしたりとか・・・」

―スピーチですか?
榎本「はい。部員はみんな、個人の成長を望んで日々の活動に努めています。月1回、障害のある方をプールに入れる活動などにも参加しているんですよ」

―とても学びの多い活動ですね。それでは新入生のみなさんへのメッセージをお願いします!
榎本「ライフセービングは、競技、ボランティア、社会活動といったいろんな要素をもった活動です。特に大学から新しいことを始めたい人にはすごく魅力がある活動だと思います。お気軽にご連絡ください!」

ライフセービング4

茨城大学SLSC(ライブセービング部)について詳しく知りたい人は...

部活・サークルの情報募集中!

  • 部活・サークルなどの学生団体へのインタビュー記事を今後も発信していきます。「ぜひ取材してほしい!」という団体は、大学の広報室(koho-prg@ml.ibaraki.ac.jp)へご連絡ください!