1. ホーム
  2. NEWS
  3. 【ブカツ】E.S.S.―オンラインのディスカッションで新たな可能性も

【ブカツ】E.S.S.
―オンラインのディスカッションで新たな可能性も

 本学が新型コロナウイルス感染症対応をしている中、部活・サークルの学生たちはいったいどんな過ごし方をしているのかを取材する企画。5月1日に女子ラクロス部を紹介したところ、いくつかの部・サークルから「私たちの取り組みも紹介したい!」というオファーをもらいました。第二弾は英語を使ったコミュニケーション活動をしているE.S.S.です。サークル長の海老根弘人さん(人文社会科学部3年)へのインタビューです。

ess1.jpg普段の活動の様子

―E.S.S.って何ですか?
海老根「"English Speaking Society"の略です。英語を使ったディスカッションやスピーチの活動をしています。私たちは週2回、水曜と金曜の18:30~20:30にやってます」

―登校できない中、どんな活動をしていますか?
海老根「Zoomを使って活動してます。「ブレークアウトルーム」という機能があってグループを分けられるので、普段対面でやっている活動とほぼほぼ同じ感じですね。それから、今までは水戸が中心だったので、日立や阿見のメンバーがなかなか来られないのが悩みだったのですが、Zoomならみんなが参加できますので、その問題がだいぶ解消されました」

ess2.jpgZoomを使って活動中

―プラスの面があったんですね。新入生は入ってきましたか?
海老根「部室が使えないのでまだ正式な入部手続きはできていませんが、新歓用のLINEグループを作っていて、そこには今24人の1年生が入ってくれています」

―ずいぶんたくさん入ってくれましたね。どのような勧誘活動をしたのですか?
海老根「STUDY FOR TWO茨大支部という団体が「茨大おうち新歓」という合同新歓イベントを企画してくれまして、それに参加をしてプレゼンしました。あとはTwitterやInstagramで積極的に告知をしています」

―新入生はどんな様子ですか?
海老根「やはり不安そうな印象はすごく受けましたね。一人暮らしをしている人とかは特に。大学で情報交換ができず、横の関係ができないことに一番不安があるようです。なので、上級生で新入生のためのZoomの部屋を作って、あとは1年生同士で話し合ってもらったり簡単なゲームができるような場がつくれればと思っています」

―英語でディスカッションということですが、団体内で英語のスキルを伸ばすレッスンとかもやっているのですか?
海老根「そうですね。ディスカッションに慣れていない人たちも多いので、例年、英語のフレーズについてのレクチャーとかをしていたのですが、今年はそれができないので、動画を作ることにしました。撮影が終わって、今編集中という段階です。そもそも動画制作なんて初めてだったので難しかったのですが、いい経験になりましたし、今後もずっと使えるものになると思います

ess3.jpg英語によるスピーチの大会にも参加している

―その他の新型コロナウイルス感染症の影響を強く感じることはありますか?
海老根「そうですね。これまではサークルに地域の外国人の方が遊びに来てくれていたんですが、その方々がみんな帰国してしまって。世界的な感染の動向が、水戸にいても実感させられました。でも僕個人は、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドといった各国にいる彼らとビデオ通話をしていて、いろんな情報交換をしています。海外の同世代の人たちも大学のことでいろんな不安を抱えていますが、そうした人たちと話をして大変な状況を共有することで励まされることもあります。こうした外国人との交流を、サークルの活動に組み込めたらおもしろいなと思っています」

―大会や他大学との交流にも影響がありますか?
海老根「そうですね。僕たちは、群馬県立女子大学、宇都宮大学と特に仲が良くて、7月には合同合宿もしていたのですが、今年はオンラインでやることが決まりました。去年は3大学あわせて70人ぐらい参加していましたが、移動費や宿泊費がかからない分、今年はより参加者が増えるかも知れません。群馬県立大学と宇都宮大学とは月2回、オンラインでディスカッションをすることになりました。そういうことは今までない新しい取り組みです

ess4.jpg毎年7月に他大学と合宿

―新型コロナウイルス感染症が終息しても、継続できるオンラインの活動がありそうですね。
海老根「だいぶ増えると思いますね

―最後に、新入生のみなさんへメッセージをどうぞ!
海老根「僕たち2、3年生も不安の中、新入生のみなさんはもっと不安だと思うんですけど、できる範囲でやれることは何でもしたいとみんな思っているので、英語に興味がないとしても、質問とか相談とかあったら何でも声かけてほしいです」

ess5.jpgE.S.S.のメンバー 最前列右から2人目が海老根さん

茨城大学E.S.S.について詳しく知りたい人は...

  • Twitter
    【公式】茨城大学E.S.S.(@ibadaiESS
    茨城大学E.S.S.新歓 2020(@ESS20202

部活・サークルの情報募集中!

  • 部活・サークルなどの学生団体へのインタビュー記事を今後も発信していきます。「ぜひ取材してほしい!」という団体は、大学の広報室(koho-prg@ml.ibaraki.ac.jp)へご連絡ください!