1. ホーム
  2. NEWS
  3. 【ブカツ】女子ラクロス部がインスタライブ開催―「新入生の不安解消に」

【ブカツ】女子ラクロス部がインスタライブ開催
―「新入生の不安解消に」

 新型コロナウイルス感染症への対応として、現在サークルなどの課外活動を禁止しています。今年は4月の新歓祭も中止となり、各団体で新たなメンバーの確保が課題になっています。新入生にとっても、課外活動は新たな友達や先輩と出会える場。学生たちは横のつながりができないことへも不安も抱えているようです。
 そうした中、女子ラクロス部がインスタグラムを使った「インスタライブ」で、新入生たちとのコミュニケーションを図っています。その効果もあってさっそく4人の学生が入部したとのこと。発案した根岸彩夏さん(人文社会科学部3年)に、遠隔取材で話を聞きました。

―インスタライブはいつから始めたんですか?
根岸420日です。それから(取材時点で)合計3回やりました」

―どんな内容ですか?
根岸「初回は事前に質問を募集したんです。部活・サークルとかバイトについての問い合わせが多かったのでそれについて話して、あとは活動についての疑問とかに答えました。2回目は、インスタライブを中心的に企画している私たち3年生の楽しい雰囲気を知ってもらおうと思って、いつもの自然な感じでいろいろ喋りました」

―何人ぐらい参加したのですか?
根岸「のべで100人ぐらいです。新入生のほかは、自分たちの友達とか、活動を応援してくれてるOGの方とかも参加してくれました。新入生とは、ライブ後もインスタのDM機能でやりとりして、結果的に4人の新入生が入部してくれたんです」

racross2.jpg初回のインスタライブの様子


―良かったですね。どうしてインスタライブを始めたんですか?

根岸「大学からメールでいろんな情報が来るんですけど、友達と話していても、履修の仕方とか結構わからないことが多くて。3年生の自分たちが理解できていないんだから、新入生だったらなおさら不安だと思ったんです。一斉ガイダンスもないから友達ができないし、先生にも直接質問できないし、大学の雰囲気もわからないじゃないですか。それで、新入生と大学の間に入って何かできないかな、と考えて部のメンバーに提案してみたら、みんな共感してくれて。その3日後に始めました」

―動きが早いですね!大学にとってもありがたい活動です。手ごたえは?
根岸「思ったよりは履修とかについての質問は出なかったですね。でも私たちの雰囲気は伝えられたので、入部につながったのは良かったです」

racross3.jpg

―今はグラウンドでは練習できませんが、どんな活動をしているんですか?
根岸「『家族制度』って呼んでる学年縦割りのグループがあるんですけど、そこで自分がやったメニューを報告しあったりしながら自主練してます。あと、週何回かオンラインで一緒に筋トレしたりとか」

―1年生はラクロス未経験者ですよね。
根岸「そうなんです。強豪校などでは、取り急ぎ道具を発注して届けてもらって、まずは触れてもらうことなどもしているそうです。私たちも動画を使った説明とか、いろいろ検討しているところです。例年だと5月にさっそく1年生の大会もあるんですが、それも延期になっちゃいました。ラクロス部は他大学の交流が多いのが売りなので、早く試合ができることを楽しみにしてます」

―インスタライブは今後も続ける?
根岸「そうですね。ただ、インスタライブだと、インスタのアカウントをフォローしてる人にしか通知がいかないから限界があるので、ZOOMを使うことも考えています。女子ラクロス部に入る入らない関係なく、1年生同士のコミュニケーションの場を、私たちを窓口にして作れたらいいなとも思っています」

―そういう場が増えるといいですね。引き続きがんばってください!

racross4.jpg24年の現役生「学年関係なく仲良しです!」

茨城大学女子ラクロス部について詳しく知りたい人は...

  • 2020年度新歓PV

部活・サークルの情報募集中!

  • 部活・サークルなどの学生団体へのインタビュー記事を今後も発信していきます。「ぜひ取材してほしい!」という団体は、大学の広報室(koho-prg@ml.ibaraki.ac.jp)へご連絡ください!