1. ホーム
  2. NEWS
  3. 教育の質保証の取り組みと成果をビジュアルで紹介する「茨城大学コミットメントがみえる。」

教育の質保証の取り組みと成果をビジュアルで紹介する
「茨城大学コミットメントがみえる。」

 このたび、本学における教育の質保証の取り組みと成果をビジュアルデザインによってわかりやすく紹介したパンフレット「茨城大学コミットメントがみえる。」を発行しました(>>オンライン版)。

mierucover.png

 本学は文部科学省の平成28年度「大学教育再生加速プログラム(AP)」テーマⅤ「卒業時における質保証の取組の強化」に採択され、授業・カリキュラム・学部・大学全体という4つの階層による質保証システムを体系化してきました。また、学生の入学時、各学年時、卒業時、卒業3年後のアンケート調査に加えて就職先の企業にも調査を行い、充実した教学データベースの構築を進めています。さらにこうした質保証の取り組みへの学生・教職員・地域住民の理解と参加を促進するため、「茨城大学コミットメント」というコンセプトを設け、入学式の後に本学のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)や全学的なカリキュラムへの理解を図る「コミットメント・セレモニー」というイベントを行うなど独自の取り組みを実施しています。

 今回作成したパンフレット「茨城大学コミットメントがみえる。」は、A2サイズを8つに折った作り。折りたたまれた紙面を開くごとに、本学のディプロマ・ポリシーや「茨城大学コミットメント」の説明、質保証システムの概説、そしてA2サイズいっぱいに記された教学データが目に飛び込むという構成になっています。教学データを記した面では、グラフやイラストを効果的に使ったデザインを施し、ディプロマ・ポリシーで掲げた5つの基盤学力の4年間での達成率や社会に出てからの活用度、その他の教育環境や学生生活に関する代表的なデータを紹介しています。

mierunaka.pngのサムネイル画像

 太田寛行学長は、「AP事業の4年間の取り組みは茨城大学の教育改革を最前線で推進するものだったが、実際にポジティブな成果がデータで示されていることを、楽しみながら理解してもらえるパンフレットができた。学生たちにも関心をもってもらい、主体的な学修をさらに強化した教育システムを展開していきたい」と語っています。

 パンフレットは新入生や連携している企業・自治体の関係者などに配布する予定です。また、「茨城大学コミットメント」のWEBページにてオンライン版を公開しています。

ohtawithmieru.jpgパンフレットを手にする太田学長