1. ホーム
  2. NEWS
  3. 地層「千葉セクション」にGSSP認定、地質時代名「チバニアン」誕生

地層「千葉セクション」にGSSP認定、地質時代名「チバニアン」誕生

 本学大学院理工学研究科(理学野)の岡田誠教授が代表を務める研究チームが進めていた、千葉県市原市の地層「千葉セクション」をGSSP(国際境界模式層断面とポイント)とする申請活動について、2020年1月17日、韓国釜山において開催された、IUGS(国際地質科学連合)の理事会においてGSSPの審議および投票が行われ「千葉セクションのGSSP提案」が承認されました。
 これにより「千葉セクション」は前期‐中期更新世境界のGSSPとして認定され、地質時代の中期更新世(約77万4千年前~約12万9千年前)が、「チバニアン(Chibanian)」と名付けられることとなりました。

>>【プレスリリース】地層「千葉セクション」のIUGS(国際地質科学連合)における審査結果について(国立極地研究所HPリンク)

経緯

 前期‐中期更新世境界のGSSP審査は、2017年6月に開始されました。千葉セクションは、2017年11月、審査の第1ステップにあたる下部−中部更新統境界作業部会(WG)で、申請された3つの地層の中からGSSP候補に選ばれ、続いて2018年11月に第2ステップにあたる第四紀層序小委員会(SQS)での審査を通過。2019年11月には第3ステップとなる国際層序委員会(ICS)を通過し、最終段階である、国際地質科学連合(IUGS)の理事投票結果を待つのみ、となっていました。
 そして、2020年1月17日にIUGSの理事会が韓国釜山において開催され、GSSPの審議および投票が行われた結果、「千葉セクションのGSSP提案」が承認されました。
 これにより「千葉セクション」は前期‐中期更新世境界のGSSPとして認定され、地質時代の中期更新世(約77万4千年前~約12万9千年前)が、「チバニアン(Chibanian)」と名付けられることとなりました。

 これまで、日本にGSSPはありませんでした。本日、千葉セクションが日本初のGSSPとして認定されたことにより、日本の地名に由来した地質時代の名称が誕生しました。これは、地質学だけでなく、日本の科学史においても大きな出来事になります。また、地質学の一般への普及や小・中・高校生などへの教育においても大きな波及効果が期待されます。

茨城大学大学院理工学研究科 岡田 誠 教授のコメント(「千葉セクション」申請研究チーム代表)

 申請から2年半、本当にいろいろな事がありました。本日チバニアンが承認され、初めて日本の地名が地球史に刻まれることに感極まります。研究チームの研究・申請活動は、これまで多くの方々に支えられてきました。地元の田淵町会や市原市、千葉県の関係各位、そしてチバニアンを応援して下さった全ての方々に深く感謝申し上げます。

茨城大学 三村 信男 学長のコメント

 我が国の合同研究チームが進めてきた、千葉県市原市の地層「千葉セクション」を国際境界模式層断面とポイント(GSSP)とするための申請が、本日行われた国際地質科学連合(IUGS)理事会において承認されました。日本の地名に由来する初めての地質時代名となった「チバニアン」の誕生は、我が国の科学史における輝かしい成果であり、大変うれしく思います。また、茨城大学理工学研究科の岡田誠教授が、合同チームの代表として今回の申請に尽力したことも、本学の大きな喜びとするところです。
 この成果は、市原市をはじめとする地域の市民や自治体の皆様のご尽力、さらには長年に亘る多くの研究者による調査研究の賜物であり、関係の皆様のこれまでの多大なご努力に対し、心より敬意を表します。
 新たにGSSPとして認定された千葉セクションに対して、今後、世界各国の研究者の注目がさらに高まり、開かれた研究交流の場となって、科学の研究と教育の発展につながっていくことを期待いたします。