1. ホーム
  2. NEWS
  3. 筑波山麓の特産品「フクレミカン」果皮抗肥満とストレス抵抗性獲得作用をマウス実験で確認

筑波山麓の特産品「フクレミカン」果皮
抗肥満とストレス抵抗性獲得作用をマウス実験で確認

 東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程3年の佐藤瑞穂さんと茨城大学農学部の豊田 淳 教授、井上 栄一 教授、宮口 右二 教授らの研究グループは、筑波山周辺地域の特産品・フクレミカンの果皮に、抗肥満の効果があること、およびレジリエンス(ストレス抵抗性)獲得効果が示唆されることを、マウスを使った実験によって確認しました。

 フクレミカンは、筑波山麓地域で生産されている在来の柑橘種で、果実は直径35センチメートルと小さく、皮が薄いのが特徴です。産地では古くから果皮が陳皮として食されており、七味唐辛子などに利用されています。果肉も食べることが可能で甘みが少なくすっきりとした酸味があります。最近ではその独特な芳香を活かして、飲料や菓子など多くの加工品の原材料としても利用されています。

 フクレミカンの機能性成分については、シークワーサー等に豊富に含まれるポリメトキシフラボノイド(ノビレチン、タンゲレチン)が特徴的に多いことが、茨城県産業技術イノベーションセンターの分析によってこれまで明らかになっており、新たな加工食品原料としてのフクレミカンの活用が示唆されていました。一方で、動物実験等による機能性の効果検証は行われていませんでした。

 今回の実験は、成熟する前のフクレミカンの果皮の粉末を混ぜたエサをマウスに与え、肥満やストレスに対する効果を検証するために行ったものです。

 抗肥満効果についての実験では、24時間明るさを保った環境において、一方のグループのマウスには高脂肪食だけを、もう一方のグループのマウスにはフクレミカンの果皮の粉末を5%混ぜた高脂肪食を4週間与え続け、体重や血中のコレステロール値・中性脂肪レベルの変化の度合いを比較しました。その結果、高脂肪食だけを与えたグループに対し、フクレミカンの果皮の粉末入りのエサを食べたグループでは、エサの摂取量に有意な差異がなかったにも関わらず、体重増加量が明らかに少なくなっていることが確認されました。また、血中のコレステロール量と中性脂肪レベルについても、フクレミカンの果皮の粉末入りのエサを食べたグループの方が低いことが確認されました。これらの結果から、熟する前のフクレミカンの皮には、抗肥満効果やメタボリック症候群の予防効果があることが示唆されました。

 また、レジリエンス(ストレス抵抗性)に関する実験では、心理社会的ストレスを与え続けて作製したモデルマウスを用いました。3週間の間、通常のエサを与えた場合と、フクレミカンの皮の粉末を5%混ぜたエサを与えた場合とで比較したところ、フクレミカンの果皮の粉末入りのエサを食べたグループのマウスでは、コントロール群のマウスに比べて、レジリエンスが増加する傾向にありました。その後、柑橘に含まれるフラボノイドであるヘスペリジンを0.1%混ぜたエサで同様の実験をした結果、ヘスペリジン入りのエサを食べたグループのマウスでは、レジリエンスが有意に増加していました。そこでストレスで活性化するキヌレニン(KYN)経路に着目したところ、心理社会的ストレスによって脳の海馬および前頭前野のKYNレベルが上昇するのに対し、ヘスペリジン入りのエサを食べたグループのマウスではこの上昇が見られませんでした。ヘスペリジン入りのエサはストレスによるKYN経路の活性化を抑制することで、マウスにレジリエンスを獲得させた可能性が示唆されました。

 豊田教授は、「フクレミカンの機能性自体は以前から指摘されていたが、その効果が動物実験で確認されたことは大きな前進だ。これまで研究に粘り強く関わってきた学生たちにも感謝したい。果皮に多くの成分が含まれているため、果皮を食べるという習慣もフクレミカンの機能性を活かすことにつながるのではないか。茨城の特産品としてまた脚光を浴びれば嬉しい」と述べています。

 これらの成果は、日本栄養・食糧学会の学術誌Journal of Nutritional Science and Vitaminologyと、日本農芸化学会の学術誌Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryにそれぞれ掲載されました。

 詳しくはプレスリリースをご覧ください。