1. ホーム
  2. NEWS
  3. 第14回茨城学生国際会議を開催しました

第14回茨城学生国際会議を開催しました

 第14回茨城学生国際会議(ISCI)が、2018年12月1日(土)と2日(日)の2日間にかけて水戸キャンパスで開催されました。この会議は、学生による学生のための国際会議として、本学の大学院生が主体となって企画運営しているもので、2005年より毎年開催されています。2017年度より「茨城大学学生国際会議」から「大学」の文言を抜き、茨城大学にとどまらず国内外の大学生や高校生にも積極的に参加を募る形に発展させました。今回は、人と人とのつながりが小さな輪から大きな輪へと広がるように、ISCIを通して学生スタッフと参加学生の繋がりを国境を越えた繋がりへと発展させたいという考えから、「Ring Link ~Beyond the border~」をテーマに開催されました。

 会議には、2日間で茨城大学の学生・留学生のほか、県内の高校生を含む166名が参加しました。2日目には、ドキュメンタリー映画「happy~しあわせを探すあなたへ」の上映会及び本映画プロデュサーである清水ハン栄治氏をお招きしての意見交換が行われましたが、高校生を含む多くの参加者が手を挙げ、活気に溢れたディスカッションとなりました。

 また、2日目の午後には、昨年と同様に水戸市内でエクスカーションを実施し、高校生・留学生を含む68名が参加しました。徳川ミュージアムを巡るツアーでは、日本人参加学生が展示品について留学生に英語で説明する場面が多く見られました。水戸市国際交流協会では、常磐高校茶道部のボランティアによる茶道、本学学生のボランティアによる書道、けん玉のブースで日本文化を体験し、互いに交流を深めました。

書道作品を掲げるエクスカーション参加者たち

書道作品を掲げるエクスカーション参加者たち

(2018年12月13日)