茨城大学を含む共同研究グループが、230GHzの宇宙電波観測実験に日本で初めて成功
―ブラックホールの存在証明につながる大きな一歩

  茨城大学など、大学と研究機関の共同研究によって展開している「全日本VLBI」が、このほど、長野県の野辺山宇宙電波観測所内の2台のミリ波望遠鏡を用いて、日本で初めて230GHzという高い周波数での電波干渉計実験に成功しました。これは、これまで日本のVLBIで実現していた周波数(86GHz)の約3倍の成果で、これにより、今後より高い解像度でブラックホールを観測し、その存在証明につながることが期待されます。

 

  「VLBI」とは、離れた場所にある電波望遠鏡に届く星の電波を干渉させる「超長基線干渉計」という技術です。望遠鏡が離れるほど、また、電波の波長が短い(周波数が大きい)ほど解像度が高くなります。日本では、国立天文台などの研究機関や大学を中心に発展を続け、茨城大学 宇宙科学教育研究センターもさまざまな形で貢献してきました。

 

  今回の実験は、山口大学時間学研究所の藤澤健太教授が率いる形で、国立天文台、JAXA/ISAS(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所)、NICT(情報通信研究機構)、大阪府立大学、茨城大学、京都大学が力を結集し、実現しました。茨城大学は主に、VLBI観測に必要な高精度な時刻を発生する装置(1億年の1秒の精度)の一部の準備、現地における試験観測結果の評価(周波数が正しいかを確認)を担当しました。

 

  これまで日・米・欧・台の国際研究チームによる「事象の地平面望遠鏡」(EHT)が230GHzでの観測に成功していますが、今回はそれと同等の性能を日本国内で実現したものです。今後、日本国内の望遠鏡がEHTと協力して観測を行えば、世界最高の解像度でブラックホールの撮像に挑むことも可能になります。

 


  観測に参加した茨城大学 宇宙科学教育研究センターの米倉 覚則 准教授のコメント:

現在の天文学において、理論的には予測されている「ブラックホールの存在」を観測的に初めて明らかにするための、非常に大きな一歩を踏み出したと思います。
早ければ数年以内にも、「日本を含めた国際協力によりブラックホールの存在が証明される」という、今世紀を代表するような大きなニュースが世界中をかけめぐるかも知れません。近い将来、ブラックホールの「写真」が得られる事を期待しています。

VLBI記念写真.JPG