1. ホーム
  2. 大学からのお知らせ
  3. 後学期授業の実施方法について

後学期授業の実施方法について

 9月29日から始まる後学期では、オンラインによる遠隔授業の活用を推奨しながら、最大限の感染症対策を行いつつ、対面での授業を実施可能とします。このため、学内で授業を受講する機会が多くなります各授業の実施方法等については、おって各学部等から教務情報ポータルシステム等で案内しますので、後学期開始時には各キャンパスに登校できるよう、各自準備をお願いします。なお、入国困難等諸事情により出席が不可能な履修者がいる場合は、不利益のないよう配慮します。

 授業開始にあたっては、本学としても教室その他の清掃・消毒など感染症対策を講じてまいりますが、感染症対策を真に徹底するには、大学関係者一人一人の行動が肝要となります。キャンパス内での行動を一部制約せざるを得ず、不便を伴うことがありますが、学生の皆さんは、感染の可能性があることを常に意識し、国が公表した「新しい生活様式」を普段から実践し、本学「学生行動指針」に則り、引き続き感染症対策への協力をお願いします。

 また、キャンパスは、従前の入構制限を一部緩和した形で入構規制を実施します。入構は、授業等、必要な場合のみとし、不要・不急の入構は自制・自粛してください。日常の健康管理や登校に当たっては、以下の事項に留意してください。なお、出席が不可能な学生にあっては、所属学部の担任や授業開設部局の学務グループに相談してください。

日常の健康管理上の遵守事項

  • 学内外を問わず、毎日の行動を適宜記録のうえ、過去14日間の記録を保管しておき、大学等の求めがあれば諸報告を行えるようにしてください。(大学入構時の立ち寄り場所も記録しておく)
  • 次の症状のいずれかがある場合、「帰国者・接触者相談センター」に相談し、指示を仰いでください。
    ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
    ・上記の以外で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は、必ず相談してください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様です。)
  • 体調不安がある場合は、保健管理センター又は保健室で健康相談が可能です。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染した場合、もしくは感染者と濃厚接触した場合は、「帰国者・接触者相談センター」等の指示に従うとともに、速やかに所属学部の学務グループまたは学生支援センターに報告してください。
  • 感染症対策を更に徹底するため、日常生活においても、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗等、感染症対策を確認した上での施設の利用に努めるとともに、接触確認アプリCOCOA等、活用可能なツールの利用を推奨します。
    https://www.pref.ibaraki.jp/shokorodo/chusho/shogyo/2020koronatsuuchi/20200615.html
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

大学登校時の遵守事項

  • 毎日、体調チェックを行い、発熱等の体調不良時は登校しないでください。なお、以下の症状等がある場合は入構できません。
    37.5℃以上の発熱又は平熱よりおおむね0.5℃以上高い発熱がある。
    ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある。
    ・上記以外で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状が続いている。
    ・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる。
    ・過去14日以内に、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触があった。
    ・過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国・地域等へ渡航した、又は渡航者との濃厚接触があった。
    ・過去14日以内に、新型コロナウイルス感染症のクラスター(集団感染)が発生したとされる場所を訪れた。
    ※回復後登校しようとする際には、「登校フローチャート」に従い、必要に応じて「登校許可チェックリスト」を所属学部学務グループに提出し、許可を得てから登校すること。
  • 入構の際は守衛所にて学生証を提示し、必要な施設・教室等のみ入場してください。
  • 飲食や熱中症予防のために外す必要がある場合を除いて、マスクを必ず着用し、洗面所の液体石けん等、あるいは講義棟など建屋入口に設置してある消毒液にて手指消毒を行ってください。
  • 教室等においては、必要に応じて備付けのペーパータオル及び消毒液により、自身が使用する机・椅子等の消毒を行ってください。
  • 教室等は原則として常に換気し、適宜、エアコンを使用してください。
  • 対面での授業等の際には、当該科目の受講に当たり指示された感染防止対策(フェイスシールド、白衣の着用、手指消毒など)を必ず実行してください。
  • 3密を常に意識し、友人等と会話、食事等をする場合でも、ソーシャルディスタンスに留意し、短時間で終了するなど心がけてください。
  • 授業等終了後、速やかに下校してください。

関連リンク