新型コロナウイルス感染症に係る本学の取り組み
  1. ホーム
  2. 大学案内
  3. 新型コロナウイルス関連情報
  4. 新型コロナウイルス感染症に係る本学の取り組み

CONTENTS新型コロナウイルス感染症に係る本学の取り組み

教育

学生調査のスキームと担任制を活かした学生の状況・ニーズ把握と個別支援

教育質保証の取り組みとして整備した学生調査のスキームを活用して昨年度末の段階で新入生を含む全学生の家計やデジタル環境の状況を調査していたため、要支援者の規模を特定できました。さらに担任制を通じた個別相談も強化し、各種支援策を効率的・効果的に決定・実施しました。

BYOD推進体制を活かした遠隔授業環境整備

今年度から学生自身が学修用のデバイスを準備するBYODBring Your Own Deviceを完全実施していたことから、その推進のための学内組織をベースに遠隔授業の準備チームを組織しました。Microsoft Teams利用の決定、授業マニュアルの策定、体系的なFDFaculty Development:教員の専門性に関わる研修)・授業支援を迅速に行い、大きなトラブルなく遠隔授業を進めることができました。
>>詳しくはこちら(茨大×遠隔授業(上)一順調な遠隔授業実現のキーファクター)

遠隔授業の効果測定と継続的なFD実施による授業改善

遠隔授業実施にあたっては、第1クォーター終了後に学生と教職員に対する調査を行い、効果測定を行っています。そのプロセスにおいて継続的にFDFaculty Development:教員の専門性に関わる研修)を実施し、各教員のノウハウや意見を共有しながら、授業改善につなげました。この技術や知見を、対面授業再開後も活かしていきます。

オンラインを活用した国際交流プロジェクト

海外研修が難しくなることや複数の留学生が渡日できていない状況を踏まえ、グローバル教育センターにおいて「つながろうプロジェクト」と題し、オンラインでの交流イベントを実施しました。新たな国際的連携の在り方も見出され、協定校との遠隔海外研修などの具体的なプログラムへの発展につながっています。

オンライングローバル交流>>詳しくはこちら(コロナ禍で大学の国際交流はどう変わる?ー「つながろうプロジェクト」展開中のグローバル教育センターに訊く)

一斉での卒業式中止に伴うメモリアルムービーの制作

一斉での卒業式を中止するにあたり、本学OBの映像作家の協力により、学長メッセージ、卒業生答辞、各キャンパスからのメッセージを含むメモリアルムービーを制作しました。学科等別の学位記授与の会場とオンラインで放映しました。
>>詳しくはこちら(令和元年度卒業式(学位記伝達式)一動画・写真でふりかえる)

学生支援

課外活動再開へ向けた学長学生懇談会の実施

部活・サークルなどの課外活動の再開方針を決めるにあたり、オンラインによる学長学生懇談会を6/24に開催しました。懇談会では女子バスケ部が自分たちで作成した再開のための活動計画案を発表し、他団体にも共有。大学側からは計画案を示し、学生たちからの疑問や意見を受け付け、議論を行いました。

懇談会の様子懇談会の様子

女子バスケ部活動計画案女子バスケ部活動計画案

>>詳しくはこちら(課外活動をどう再開する?一学生たちが学長と意見交換)

緊急学生支援パッケージの提供

5万円を奨学金として200人の学生に支給する独自の給付型奨学金や国の事業、勤労の場の提供といった学生支援のプログラムを「緊急学生支援パッケージ」としてまとめ、専用WEBページ等で訴求し、学生へのきめ細やかな支援を行いました。

緊急学生支援パッケージ>>詳しくはこちら(新型コロナウイルス感染症拡大に係る緊急学生支援)

図書館貸出資料の無料送付

キャンパスの入構制限に伴い、遠方滞在などの事情により登校できない学生を対象に、図書館資料の無料送付貸し出しの対応を行いました。

図書無料送付サービス>>詳しくはこちら(図書館が4年生・大学院生向けに資料送付サービス)

部活・サークルインタビュー記事の掲載

部活・サークルの新歓活動ができない状況において、希望する部活・サークルの代表者へのインタビューを行い、コロナ禍における活動の工夫や、新入生へのメッセージを紹介する記事を大学ホームページに連載形式で掲載しました。
>>詳しくはこちら(ブカツ、どうしてる?)

入試

追試験の設定や入試範囲の考慮

令和3年度入学者選抜は、新型コロナウイルスの影響を鑑み、全試験へ追試験を設定し、「教科書において、『発展的な学習内容』として記載されている内容からは出題しない」措置をすべての教科・科目において講じています。
>>詳しくはこちら(令和3年度(2021年度)入学者選抜要項を公表しました)

大学・学部動画の制作とオンライン版オープンキャンパス

オープンキャンパスや対面での入試説明会の中止に伴い、大学や学部を紹介する新たな動画コンテンツを急遽制作しました。「動画で見る茨城大学」としても発信しています。また、オンライン版オープンキャンパスとしてZoomを用いた相談会などを展開中です。

オープンキャンパスチラシ>>詳しくはこちら(動画で見る茨城大学)

地域連携

学生の修学支援に係る基金周知による寄附増大

学生の修学支援に係り、コロナ関連情報にあわせて広く寄附を呼びかけたところ、4月28日から7月17日の間にのべ425人・団体から計1648万円の寄附が集まりました。
>>詳しくはこちら(【新型コロナ】経済的困難を抱えた学生への緊急修学支援に係るご寄附のお願い)

企業と連携した大学保有文化財・施設の保全管理のためのキャンペーン

本学が管理する五浦美術文化研究所は、コロナ禍による休館・来場者減により入場料収入が大きく落ち込みました。そこで県内企業である株式会社サザコーヒーと連携し、同研究所への寄附につながる共同開発商品を活かした販促キャンペーンを展開しました。

五浦コヒー>>詳しくはこちら(【茨大・サザコーヒー協働キャンペーン】)

管理体制

新型コロナ関連の情報の集約とシンプルでわかりやすい情報提供

定期的な対策本部会議の開催と連動して広報室に情報を集約させ、WEBページ等の編集権限を広報室が一元管理することで、ターゲットごとにシンプルでわかりやすい情報提供をスピーディーに行うことができました。他県庁からも「参考として各大学に共有したい」という要望を受けました。
>>詳しくはこちら(新型コロナウイルス関連情報ページ)

学内会議の遠隔実施

遠隔授業と同じMicrosoft Teamsを活用して、学内会議の多くもオンラインに移行しました。それにより、必要に応じたスピーディーな会議実施が可能になり、業務効率も向上しました。今後も本学では積極的にオンライン会議を実施していきます。