茨城大学所蔵学術文化資料
MENU
五浦美術文化研究所所蔵資料
菅文庫
図書館貴重史料
陶壁画
五浦美術文化研究所
茨城大学図書館
リンク集
トップへ戻る
五浦美術文化研究所所蔵資料(主な作品)


小春
* 制服
形 容
( 表地 ) 毛 綾織 緑青暗灰色
( 裏地 ) 絹 繻子 淡青色
寸 法
前丈 97.5 p 後丈 97.5 p
肩幅 61 p  袖丈 35 p
寄贈者
木村武夫氏(武山令息)
     
画像の拡大



* 制帽
形 容
漆紗冠  黒色  黒漆文様入
寸 法
頭廻り  56 p
寄贈者
下村英時氏(観山令息)
     
画像の拡大

 東京美術学校制服は、聖徳太子の肖像画に見るような奈良時代の官僚の制服をもとに考案されている。東京美術学校は、天心が学校長を追われるまで、洋画と洋風彫刻を教えることはせず、日本画と木彫それに美術工芸を専門科目とした。そのような明治20年代の国粋主義の時代の空気を如実に反映しているのがこの制服であろう。天皇が古代以来、再び政権の中枢で立憲国家体制を確立する近代を、律令国家体制確立期の官服装でなぞっているのである。その発案者は天心といわれている。生徒たちはずいぶんとこれを嫌って、街頭を歩くには勇気が要ったと回想しているが、天心は20代の青年校長として、制服(教職員は茶色だったという)を身にまとい白馬にまたがり意気揚々と登校した。
  五浦美術文化研究所で所蔵するこれらの資料は、木村武山、下村観山のご遺族が保存されていたものであり、東京芸術大学にも残されておらず、当時の制服の実物資料として貴重なものである。特に、制帽には黒漆で四菱文が散らされており、繊細な仕上げになっていることが分かる。

五浦美術文化研究所所蔵資料トップへ
前の作品
次の作品へ


Copyright (C) 2006 Ibaraki University. All rights reserved.