茨城大学所蔵学術文化資料
MENU
五浦美術文化研究所所蔵資料
菅文庫
図書館貴重史料
陶壁画
五浦美術文化研究所
茨城大学図書館
リンク集
トップへ戻る
五浦美術文化研究所所蔵資料(主な作品)


日本美術院血脉図
作 者
平山郁夫(ひらやま いくお)
制作年
昭和40年
形 容
紙本 額装
寸 法
縦 222 p 横 179 p
寄贈者
作者寄贈
     
画像の拡大

 この作品の背景の建物は、その披露宴の紅白の幔幕を垂らした谷中の日本美術院の様子である。中心には騎乗の天心が、その周囲にはシルエットで多くの画家たちが描かれているが、うっすらと面影のある横山大観、菱田春草、下村観山らの創立会員から、最前列の奥村土牛、前田青邨、安田靫彦など、本作の出品された再興院展50回目の会員までの滔々たる人脈が表されている。天心の着用する美術学校制服で、平山氏は日本美術院の血筋を、美術院の設立より遡って天心が東京美術学校で日本画を近代化しようとしたときからと考えていることがわかる。さらにその制服を白にしたこと、周りの木々や白い鳥、天を指すポーズなどは、平山氏の出世作《仏教伝来》と共通した雰囲気がある。天心の指し示す日本画の理想を探って、平山氏はインド、中国、シルクロードと取材して歩くのだが、その道筋が天心と重なるのは偶然ではないだろう。

五浦美術文化研究所所蔵資料トップへ
前の作品へ
次の作品へ


Copyright (C) 2006 Ibaraki University. All rights reserved.