「茨城県 学生ビジネスプランコンテスト2018」を開催しました

茨城県と茨城大学の主催による「茨城県 学生ビジネスプランコンテスト2018」の最終審査が、11月23日(金・祝)、茨城大学水戸キャンパスにおいて行われました。

集合写真

このビジネスプランコンテストは、2017~19年度の3年間で10,000社の創業を目指す茨城県の「いばらき創業10,000社プロジェクト」の一環で実施するものです。同プロジェクトでは、大学等と連携した創業機運の醸成を図っており、茨城大学がコーディネートする形で県内の複数の大学における創業講座と、学生を対象としたビジネスプランコンテストの実施を進めています。

 今回のコンテストには、県内外の中学生、高校生、大学生、大学院生から、昨年を上回る39のプランのエントリーがあり、11月23日に行われた最終審査では、一次審査(書類)を通過した10のプランの代表者がプレゼンテーションを行いました。会場には一般観覧者を含む約150人が集まり、学生たちの熱い発表に聞き入りました。

 審査の結果、最優秀賞には、茨城工業高等専門学校1年生の熊谷愛美さん、大崎夏太さん、武井智大さんの「訪日外国人向け難しい日本語から"かんたんなにほんご"への翻訳サービス」が選ばれました。これは、公的文書の読解などで困難を感じている訪日外国人や在日外国人のために、難解な日本語を易しい日本語に翻訳するというプランです。最優秀賞の受賞者にはあわせて茨城大学長賞が授与され、副賞として20万円が授与されました。三村信男学長は「プラン内容、熱意ともに素晴らしかった。さらにブラッシュアップして起業につなげてほしい」と述べました。

 また、アンケートシステムを用いた会場の参加者による「ダイドードリンコ賞(オーディエンス賞)」の投票でも熊谷さんたちのグループが選ばれ、ダイドードリンコ株式会社から飲料1年分が授与されました。

 審査員長を務めた茨城大学の尾﨑久記理事・副学長(学術統括)は、「今回エントリーされた中では、『高齢化』『地域』『食』をテーマにIT関連の技術を取り入れたプランが多く見られ、時代を反映した企画が並んだと感じた。いずれのプランも学生たちの斬新なアイデアや社会の見方が印象深く、若い人々の豊かな発想が世の中で実現してゆくことを期待している」と講評を述べました。

最優秀賞
最優秀賞に選ばれた熊谷愛美さん、大崎夏太さん、武井智大さん
(茨城工業高等専門学校1年生)

審査結果

【最優秀賞/茨城大学長賞(副賞20万円)】

  • 訪日外国人向け難しい日本語から "かんたんなにほんご" への翻訳サービス
    茨城工業高等専門学校1年 熊谷 愛美さん/1年 大崎 夏太さん/1年 武井 智大さん

【優秀賞/常陽銀行賞(副賞10万円)】

  • 情報を着る時代へ Internet of Cloths
    茨城工業高等専門学校5年 長谷川 泰斗さん/5年 斎藤 広明さん

【優秀賞/筑波銀行賞(副賞10万円)】

  • 「おいしいミュージアム 幸せ、キッチン。」
    ~茨城の地域資源を家庭で、明日の暮らしをデザインするサービスに変える~
    筑波学院大学3年 西村 瑠夏さん/1年 青木 晶さん

【優秀賞/茨城新聞社賞】

  • 「藍苺(らんめい)GIRLSによる "奥久慈ブルーベリー" GAP認証農園プロジェクト」
    ~HIOKOファイナンスによる地域一体となった "奥久慈ブランド" 確立と茨城国体、オリンピックに向けての取り組み~
    茨城県立常陸大宮高等学校3年 舘岡 藍加さん/2年 泉 紅音さん/2年 菊池 大樹さん/2年 後藤 翔さん

【優秀賞/日刊工業新聞社賞】

  • 情報をシェアする吹奏楽の総合アプリ(サイト) 「シェア吹」
    茨城大学3年 駒井 亮祐さん

【敢闘賞】

  • アス食プロジェクト(アスリート食堂プロジェクト)で地域活性化
    筑波大学2年 佐々木 雄平さん/2年 渡邊 悠さん/2年 日高 遼子さん
  • クイジン「料理を地域の人に共有するプラットフォームを利用することで、小規模の経済活動が 生まれ、人と人が繋がり、地域の活性化を促す」
    筑波大学4年 由衛 彰敬さん/4年 シュスター 悠司さん
  • 「常陸大宮発! "奥久慈オリーブ" 農園によるエコノミックガーデンプロジェクト」
    ~HIOKOファームによる市の遊休農地を活用した観光農園による地域創生~
    茨城県立常陸大宮高等学校2年 菊池 大樹さん/2年 後藤 翔さん/3年 舘岡 藍加さん/2年 泉 紅音さん
  • アンネのバラから作る環境ソープ
    茨城キリスト教学園高等学校1年 軍地 仙梨さん/1年 永山 ティナさん/1年 阿部 友里亜さん/1年 大田原 和奏さん/1年 中尾 琴音さん
  • ボランチ(高齢者向け宅配弁当業にリスニングボランティアを合わせたもの ボランティア アット ランチ)
    茨城県立多賀高等学校3年 平子 歩さん/日立市立十王中学校3年 平子 勇輝さん

【ダイドードリンコ賞(オーディエンス賞)】

  • 訪日外国人向け難しい日本語から "かんたんなにほんご" への翻訳サービス
    茨城工業高等専門学校1年 熊谷 愛美さん/1年 大崎 夏太さん/1年 武井 智大さん

審査員(敬称略)

  • 茨城大学理事・副学長(学術統括) 尾﨑 久記(審査員長)
  • 茨城県 産業戦略部長 小泉 元伸
  • 株式会社常陽銀行 執行役員 地域協創部長 池田 重人
  • 株式会社筑波銀行 常務執行役員 営業副本部長 渡辺 一洋
  • 株式会社ユニキャスト 代表取締役 三ツ堀 裕太

関連リンク

茨城県学生ビジネスプランコンテスト2018(社会連携センターHP)

 

(2018年11月29日)