オリエンテーリング部・勝山佳恵さん、全日本大会優勝を知事に報告

 茨城大学オリエンテーリング部の勝山佳恵さん(教育学部4年)が、11月14日、第7回全日本ミドルオリエンテーリング大会での優勝を報告するため、筑波大学の選手や茨城県オリエンテーリング協会の幹部とともに、茨城県の大井川和彦知事を表敬訪問しました。

 学部1年生の頃から国内外のオリエンテーリング大会で輝かしい活躍を遂げている勝山さんは、これまで多くのメダルを獲得しています。全日本ミドル大会での成績は、勝山さんにとって初めての全日本大会での優勝となりました。その他、2018年度は、日本学生オリエンテーリング選手権大会ロング・ディスタンス競技部門(インカレ)で準優勝、さらにフィンランドで実施された世界学生選手権へも出場を果たしました。

 勝山さんは、筑波大学の増澤すず選手(全日本ミドルオリエンテーリング大会2位、2018年度インカレロング優勝)、茨城県オリエンテーリング協会の狩野平左衛門岳也会長らとともに大井川知事を訪問しました。知事から「おめでとうございます。これからもがんばってください」と労いの言葉を贈られると、勝山さんは、来年(2019年)1月6日に第一回茨城大学大会を開催することなどを報告し、茨城県のオリエンテーリング活動を盛り上げていく意気込みを伝えました。

 知事への報告を終えた勝山さんは、「全日本大会優勝は目標にしてきた事なので、達成できてとても嬉しい。年末に出場予定のアジア選手権に向けて、今の自分の課題を分析しさらに成長していきたい。また、今年度は茨城大学オリエンテーリング部として初の本格的大会を開催し、自分がその実行委員長を務める。少しでも部の発展に貢献できたら嬉しい」と語りました。

otl1.jpeg

大井川知事を囲んで(左から2番目が勝山さん)

otl2.jpeg

関連リンク

(2018年11月26日)