工学部・車谷研究室の学生チームが第2回パスタブリッジコンテストで優勝・準優勝

 2018年9月30日(日)に日立市役所で開かれた第2回パスタブリッジコンテストで、工学部・車谷麻緒研究室の学生チーム「ドラゴン☆ヘッド」が優勝、「aggregate」が準優勝を獲得しました。
 茨城県建築士会が主催する「パスタブリッジコンテスト」は、太さ1.8mmのパスタの乾麺を組み立てて橋を作り、その強度(積載荷重)を競うものです。2回目の開催となる今回は、大学や専門学校で建築を学ぶ学生や普通科の高校生など31名が参加しました。
 茨城大学からは2チームが参加し、チーム「ドラゴン☆ヘッド」の作品が8,350gの重さに耐えて優勝、チーム「aggregate」の作品が5,750gの重さに耐えて準優勝しました。

0930pb_shugou.jpg

優勝

  • チーム名:「ドラゴン☆ヘッド」
  • メンバー:
    佐々木浩武さん(理工学研究科M2)、橋口和哉さん(理工学研究科M2)、渡辺ともみさん(理工学研究科M2)、龍頭正幸さん(工学部4年)
  • 記録:8,350g

0930pb_yusho.jpg

準優勝

  • チーム名:「aggregate」
  • メンバー:
    相馬悠人さん(理工学研究科D2),会田涼太さん(理工学研究科M1)、加藤匠さん(理工学研究科M1)、小沼慎弥さん(工学部4年)
  • 記録:5,750g

0930pb_junyusho.jpg

 

(2018年10月4日)