理工学研究科の信太宗也さんが第46回人工心臓と補助循環懇話会学術集会(AHAC46)で若手研究者最優秀発表賞を受賞

 大学院理工学研究科博士後期課程1年の信太宗也さんが、2018年2月9~10日に熱海後楽園ホテルで開催された第46回人工心臓と補助循環懇話会学術集会において、若手研究者最優秀発表賞を受賞しました。

 人工心臓と補助循環懇話会(AHAC)は、諸機関において人工心臓や補助循環に関わる研究に取り組む基礎研究者、循環器内科・外科系の医師、コメディカルが一同に会して研究報告と議論を行うもので、このたび信太さんが受賞した若手研究者最優秀発表賞は、AHACの学術集会において特に優れた論文を発表した者に贈られるものです。

受賞した長山さん(右)と指導教員の増澤徹教授(左)
受賞した信太さん(右)と指導教員の増澤徹教授(左)

受賞テーマ

磁気浮上式血液ポンプ内インペラ受動安定位置計測による血流量推定

信太宗也さんのコメント

この度は、第46回人工心臓と補助循環懇話会学術集会において、若手研究者最優秀発表賞を受賞したことを大変うれしく思います。私は「人工心臓用血液ポンプの拍出流量推定」をテーマに研究しております。本研究では、磁気浮上インペラの径方向位置とポンプ駆動条件の関係を調べることで、浮上インペラ位置変化情報から血液ポンプの拍出流量を推定する手法を提案いたしました。この研究成果を評価して頂きまして大変感謝しております。このような名誉ある賞を頂くことができたのは、指導教官である増澤徹先生長真啓先生をはじめ、研究活動を支えて頂いた周囲の方々のおかげです。これからも先生方から受けた御恩に報いるべく、研究に精進して参ります。この度は本当にありがとうございました。

(2018年3月20日)