理工学研究科の戸嶋康晴さんが第28回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会で奨励賞を受賞

 大学院理工学研究科量子線科学専攻博士前期課程1年の戸嶋康晴さん(指導教員:中島光一准教授)が、2017年12月1日に本学の水戸キャンパスで開催された第28回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会において、「奨励賞」を受賞しました。本賞は、同会で優秀なポスター発表を行った学生に授与されるものです。

戸嶋康晴さん
戸嶋康晴さん

 戸嶋さんは「ソルボサーマル法によるNaNbO3ナノキューブの合成」と題する研究でポスター発表を行いました。この研究は、溶液反応化学に立脚してナノクリスタルの形態を制御し、機能性セラミックス材料の開発を目指したものです。

戸嶋康晴さんのコメント

 この度は第28回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会において、奨励賞を頂きましたこと大変嬉しく思います。指導教員である中島先生をはじめ、支えて頂いた多くの方々に心より感謝申し上げます。今回の受賞を励みに今後とも研究に邁進して参ります。

関連リンク

茨城大学工学部生体分子機能工学科 中島研究室

 

(2018年1月4日)