「千葉セクション」国際標準模式地候補に選出  理学部・岡田誠教授ら記者会見

 11月14日(火)、文部科学省において、理学部・岡田誠教授らのグループが会見を開き、同グループが地質時代区分の国際標準模式地(Global Boundary Stratotype Section and Point、GSSP)として提案している「千葉セクション」の審査状況について報告しました。

IMG_1056.JPGのサムネイル画像 Image.png.jpgのサムネイル画像
記者会見の様子

 国際地質科学連合(International Union of Geological Sciences、IUGS)の作業部会では、10月から11月にかけて、地質時代の「前期‐中期更新世境界」のGSSPの候補を選ぶ投票が行われました。その結果、千葉県市原市の地層「千葉セクション」が選出され、IUGS内の上部の委員会に答申されることが決まりました。今後、IUGS内で答申を認めるかどうかの審査が3段階にわたり行われます。審査の結果、千葉セクションがGSSPになった場合には、現在「中期更新世」と呼ばれている約77万年前~約12万6千年前の地質時代の名称が「チバニアン」となり、地質時代に初めて日本の地名が使われることとなります。

 「千葉セクション」をGSSPに提案する申請書は、日本の研究チームが2017年6月7日に作業部会に提出していました。「千葉セクション」の他には、イタリア南部のモンタルバーノ・イオニコ(Montalbano Jonico)、同じくイタリア南部のヴァレ・デ・マンケ(Valle di Manche)の地層をそれぞれ支持するグループが申請書を提出していました。
 作業部会での約3か月の討論期間の後、10月10日からの1カ月間、電子メールにて投票が行われ、その結果、「千葉セクション」が最も多くの票を集め、GSSP候補として上部の委員会に答申されることになりました。

 今後は、以下のようなステップで答申を認めるかどうかの審議が行われ、最終的にIUGSの投票で60%以上の得票があれば、「千葉セクション」が前期‐中期更新世境界を示すGSSPとなります。GSSPとなった場合、地質時代の中期更新世(約77万年前~約12万6千年前)が、「千葉の時代」を意味する「チバニアン(Chibanian)」と名付けられます。なお、IUGSの投票は早くても来年以降の見込みです。

 会見で岡田教授は、「まずはほっとしている。しかし、就職面接でいえば、次の課長面接に進む一人が決まったという段階。これから課長面接、部長面接、社長面接と続く。作業部会で選ばれたあとに無効になった例も過去にはある。引き続き『千葉時代』の決定へ向けてベストを尽くしたい」と語りました。

詳しくは国立極地研究所ホームページの情報をご覧ください。

【GSSPの審査ステップ】

WG on L-M boundary(下部−中部更新統境界作業部会)で最適な候補を1つ選出。
SQS(第四紀層序小委員会)へ答申。

SQS(第四紀層序小委員会)で答申を認めるか投票。60%以上の得票が必要。

ICS(国際層序委員会)にて投票。60%以上の得票が必要。

IUGS(国際地質科学連合)にて投票。60%以上の得票が必要。

GSSP決定
※それぞれのステップの投票の時期などは通知されていない。

chibanian_map.jpg
千葉セクション(千葉県市原市)の位置

関連リンク

(2017年11月15日)