バドミントン部(男子)が第66回関東甲信越大学体育大会で優勝

 2017年8月15日(火)~ 9月6日(水)に開催された第66回関東甲信越大学体育大会において、本学のバドミントン部が団体男子の部で見事優勝しました。昨年の男女優勝に続き、2年連続での優勝となります。
 関東甲信越大学体育大会は、関東甲信越地区の13の国公立大学が参加し毎年開催されている総合体育大会で、陸上競技や球技、水泳、武道など17の種目を競います。第66回となる今回は千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学が当番大学となり、各地で試合が行われました。
 今回の大会に本学からは16団体322名の学生が参加し、バドミントン部(男子)が優勝したほか、陸上競技(女子)、剣道(女子)、体操(女子)の部門でそれぞれ準優勝を獲得しました。

バドミントン部2017

 茨城大学バドミントン部は創部以来、関東甲信越大会や関東大学春季・秋季リーグ、北関東五大学選手権大会等の各種大会で男女ともに数多くの優勝経験を誇る団体です。2017年は、関東大学春季リーグで男子が4部優勝、第117回北関東五大学選手権大会では団体で男子が優勝(5連覇)、女子が準優勝をおさめました。

バドミントン部 男子主将 新井輝さん(工学部3年生)のコメント 

 今年の夏に行われた関東甲信越大学体育大会で、見事優勝し2連覇を達成することが出来ました。この大会は団体戦なので、個人戦とは違い、一人だけ強くても勝利することは出来ません。しかし、その団体戦で優勝することが出来たのは部員全員が一つの目標に向かって練習を積み重ねてきたからだと思います。
 来年、自分たちは大会に出ませんが、後輩たちにも優勝してもらって、3連覇を成し遂げてほしいです。

関連リンク

茨城大学バドミントン部

(2017年11月1日)