理工学研究科量子線科学専攻博士前期課程1年の戸嶋康晴さんが日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウムで優秀発表賞を受賞

大学院理工学研究科量子線科学専攻博士前期課程1年の戸嶋康晴さん(指導教員:中島光一准教授)が、2017年9月19日(火)~21日(木)に神戸大学で開催された日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウムにおいて「優秀発表賞」を受賞しました。この賞は、優秀な口頭発表を行った学生に授与されるものです。
受賞した発表題目は「さまざまなニオブ原料を用いたNaNbO3のナノキューブ合成」で、ナノクリスタルの形態を制御し、高い誘電特性を有するセラミックス材料の開発を目指した研究です。

20171003a.jpg受賞した戸嶋康晴さん

戸嶋康晴さんのコメント

この度は平成29年9月19日より開催されました日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウムにおいて優秀発表賞を頂き、光栄に存じます。今回の受賞は指導教員である中島光一先生のご指導ならびに友人や後輩の支えのおかげであり心より感謝いたします。今回の受賞を糧とし、今後とも研究に精励いたします。

関連リンク

茨城大学工学部生体分子機能工学科 中島研究室

 

(2017年10月6日)