人文社会科学部の青山和夫教授ら、黎明期のマヤ文明の公共祭祀とものづくりとの一端を解明 学術誌Journal of Field Archaeologyに成果掲載

 人文社会科学部の青山 和夫 教授らの研究グループは、グアテマラにあるセイバル遺跡に埋納された黒曜石製石器を中心に、先古典期中期後半(前700~前350年)のマヤ文明の公共祭祀とものづくりの一端を明らかにしました。
 セイバルの人々が実用品や美術品を製作するために使用した黒曜石製石刃の使用痕を分析した結果、公共広場で習慣的な祭祀が繰り返されており、その中でマヤ文明の支配層が形成されていったことがわかりました。
 今回の成果を示した査読論文は、権威ある考古学の学術誌Journal of Field Archaeologyにオープンアクセスで掲載されました。

   

セイバル遺跡の公共広場の発掘調査.jpg  セイバル遺跡の公共広場の発掘調査
   
   
   
   
セイバル遺跡黒曜石製石刃残確.JPG  セイバル遺跡の公共広場の墓に副葬された、中央を指し示す黒曜石製石刃残核、
 中央に翡翠と貝の数珠および磁鉄鉱    

   

   

 この研究は、青山教授が領域代表を務める科学研究費補助金新学術領域研究 「古代アメリカの比較文明論」の成果の一部です。青山教授らはセイバル遺跡において、先古典期中期後半に公共広場に埋納された黒曜石製石器を中心に、マヤ文明の黎明期の公共祭祀とものづくりの一端を実証的に検証しました。
 高倍率の金属顕微鏡を用いた分析法によって使用痕を分析した結果、セイバルの人々の間で黒曜石製石刃が貝製品や木製品などの製作に使用されていたことが判明しました。公共広場には、高度な製作技術がうかがわれる完形の石刃残核や翡翠製装飾品などの象徴・儀礼的に重要な供物が十字状に埋納されており、マヤの小宇宙を象徴しています。
 公共の場で祭祀を慣習的に繰り返すことによって社会的結束と同時に社会格差が生まれ、マヤ文明の支配層が形成されていきました。この支配層は、時代が下るにつれ、公共の祭祀でより中心的な役割を果たすようになります。後に王権を生み出し、公共祭祀を発達させ、巨大な神殿ピラミッド建設の必要性を住民に納得させ具現化するに至ったイデオロギー(観念体系)は、地域間交換や戦争など他の要因と相互に作用してマヤ文明の形成の大きな原動力になったと考えられます。

発表論文

  • 雑誌名:Journal of Field Archaeology
  • 論文タイトル:arly Maya Ritual Practices and Craft Production: Late Middle Preclassic Ritual Deposits Containing Obsidian Artifacts at Ceibal, Guatemala
  • 著者:Kazuo Aoyama, Takeshi Inomata, Daniela Triadan, Flory Pinz ón, Juan Manuel Palomo, Jessica MacLellan and Ashley Sharpe
  • DOI番号:10.1080/00934690.2017.1355769

関連リンク

人文社会科学部の青山和夫教授ら、セイバル遺跡の磨製石斧の使用痕を分析 学術誌Antiquityに成果掲載―マヤ文明の支配層形成プロセスの解明に一石(2017年6月13日)

p>(2017年9月1日)