広島大と茨城大・田内広理学部教授らのグループが、放射線に対する強さ・弱さの個人差を決める遺伝子変化を同定

 広島大学原爆放射線医科学研究所の松浦伸也教授、宮本達雄講師、エカテリーナ・ロイバ大学院生らの研究グループは、ゲノム編集法を用いて毛細血管拡張性運動失調症の原因遺伝子であるATM遺伝子のヘテロ変異が放射線感受性の個人差を規定する要因の一つであることを実証しました。

 従来、喫煙などの生活習慣やヒト集団の多様な遺伝的背景によっても放射線感受性は影響されるため、放射線感受性の個人差を決定する遺伝子変化の影響を特異的に検出することは難しいとされてきました。今回、広島大学大学院理学研究科、医歯薬保健学研究科、茨城大学理学部との共同研究により、遺伝的に均一なヒト培養細胞にゲノム編集法を用いて特定の遺伝子変異を導入して、放射線によって生じる染色体構造異常を定量的に計測することで、放射線感受性の個人差を決定する遺伝子変化を同定する手法を確立して、ATMヘテロ遺伝子変異が放射線高感受性の遺伝要因の一つであることを証明しました。

 現在の放射線防護基準は公衆に対して一律に設定されていますが、将来的には個々人の放射線感受性に応じてテーラーメイド化される可能性があります。今回の研究は、このような放射線防護基準のテーラーメイド化への第一歩となると期待されます。

 くわしくはプレスリリース(PDF)をご覧ください。

fig1.jpg
放射線照射後にDNA損傷修復に失敗した場合、染色体断片が産生される。この染色体断片は、微小核として細胞内に残存する。したがって、微小核を計測することで細胞のDNA修復能を測定することができる。放射線感受性の高い(DNA修復能が低い)細胞は微小核形成頻度が高くなる。



発表論文

  • 論文名:"Evaluation of ATMheterozygous mutations underlying individual differences in radiosensitivity using genome editing technology"
  • 著者:Ekaterina Royba, Tatsuo Miyamoto, Silvia Natsuko Akutsu, Kosuke Hosoba, Hiroshi Tauchi, Yoshiki Kudo, Satoshi Tashiro, Takashi Yamamoto, Shinya Matsuura
  • DOI:10.1038/s41598-017-06393-8

関連リンク

(2017年7月20日)