理学部・岡田誠教授、国立極地研究所らのグループ、千葉県市原市の地層を地質時代の国際標準として申請―認定されれば地質時代のひとつが「チバニアン」に

 茨城大学理学部の岡田誠教授、国立極地研究所の菅沼悠介准教授、千葉大学の亀尾浩司准教授、国立科学博物館の久保田好美研究員を中心とする22機関32名からなる研究グループは、千葉県市原市にある地層「千葉セクション」が地質時代の国際標準模式地(Global Boundary Stratotype Section and Point、GSSP)に認定されるよう、2017年6月7日、国際地質科学連合(International Union of Geological Sciences、IUGS)の専門部会に提案申請書を提出しました。千葉セクションは地質時代のうち、更新世の前期と中期の境界(約77万年前)を示しており、この境界のGSSP認定に向け、千葉セクションのほかに、イタリアにある2つの地層の申請書がそれぞれ提出される見込みです。
 IUGSでの審査の結果、千葉セクションがGSSPとして選定された場合は、約77万年前~12万6千年前の地質時代に対する名称として「チバニアン」(「千葉の時代」の意)を提案します。

詳しくは国立極地研究所ホームページの情報をご覧ください。

chibanian_map.jpg
千葉セクション(千葉県市原市)の位置
市原市田淵の養老川岸の地層「千葉セクション」で見つかった白尾火山灰。

(2017年6月8日)