学生による学外活動の発表イベント「はばたく!茨大生」を開催

 茨城大学は、5月31日、学生たちが地域や海外といった学外での活動を発表するイベント「はばたく!茨大生」を水戸キャンパスで開催しました。司会進行も学生たちが務め、約100人の参加者が発表に耳を傾けたり、ポスター発表をとおして交流を深めたりしました。
 このイベントは、本学の学生たちの多岐にわたる学外活動を発信し、相互に交流することを目的に昨年(2016年)12月に初めて開催され、今回が2回目です。年度がかわり、これから新しい活動を始めたいと考える1年次の学生たちも多く来場しました。
 主催した全学教育機構の木村競機構長は冒頭の挨拶で、「教育における大学としての約束を『茨城大学コミットメント』として入学時に示したが、学外活動について発信するこういう場をつくり、参加することも教職員と学生のコミットメントの形。1年生のみなさんの多くは3年次の秋に学外での学修に挑戦することになる。ここで先輩たちのいろんな活動に出会ってほしい」と述べました。
 イベントの前半は8つの団体・個人がスライドを使って活動を紹介。思想家・岡倉天心ゆかりの北茨城市五浦地域の発信活動をしている人文学部2年の長永勇太さんは、「サークルに入って4年間活動するつもりでいたが、地域活動も大学生ならではと思い興味をもった」と自らの経験を振り返り、1年生たちに活動への参加を呼びかけました。また、外務省のプロジェクトで昨年アメリカ・コロラド州での研修活動に参加したチームは、日本に帰ってきて、キャンパス内で難民理解のためのワークショップなどを開催したことを紹介しました。
 大洗町の「こどもの城」における造形ワークショップを続けている大学院教育学研究科2年の山田秀平さんは、実践活動を通じて得た知見やスキルを、本学が基盤学力として掲げている「世界の俯瞰的能力」「専門分野の学力」「課題解決能力・コミュニケーション力」「社会人としての姿勢」「地域活性化志向」という5項目それぞれに関連づけて紹介しました。山田さんは、「活動を始めた学部生時代にはこれらの力が示されていなかったが、自分の経験を振り返ると自ずと身につけていたことに気付く」と語りました。
 後半は会場を移し、ポスターを使った活動の発表と交流を行いました。会場には企業や自治体の関係者も訪れ、学生たちのプレゼンテーションに熱心に聞き入ったり、名刺を交換したりする姿も見られました。
 今回のイベントについて全学教育機構の西川陽子副機構長は、「学生たちと教職員の協力でこうした場がつくれたのは嬉しい。学生たちのパワーのすごさを感じられた」と語りました。

コミットメントブックを手に挨拶する木村機構長

活動を紹介する学生たち
(写真は岡倉天心・五浦発信プロジェクトのメンバー)
ibdaikh20170531_336_R.JPG
教育学研究科の山田さんは5つの茨城大学型基盤学力に
関連づけて活動を振り返った
後半のポスター発表にも多くの参加者が駆けつけた

<はばたく!茨大生>2017年春 発表参加団プロジェクト

 口頭発表・ポスター発表 

 のらボーイ&のらガール食農教育プロジェクト
 岡倉天心・五浦発信プロジェクト
 茨大東北ボランティア Fleur
 茨大聞き書き隊Notes
 こどもの城における造形ワークショップ実践
 KAKEHASHIプロジェクト
 English Camp
 AIMSプログラム
 ポスター発表のみ   学生コーディネーター
 西塩子の回り舞台茨大チーム
 まなびの輪
 現場から学ぶ茨城学~畑で広げる地域の「わ」~(農プロ)
 日本一つながる学食プロジェクト
 SLSC (大洗にとってライフセーバーとは?)
 ジュニエコ(ジュニアエコノミーカレッジin水戸)
 プロジェクト実習 さとみ・あい
 「茨城学」のその先へ
 人文社会科学部地域志向教育プログラム
 茨城大学社会連携センター
 茨城国際学生会議

(2017年6月5日)