教育・小林祐紀准教授ら、小学校向けのコンピューターを使わないプログラミング教育の実践集出版

 教育学部の小林 祐紀 准教授らの監修による小学校向けのプログラミング教育のガイドブックが、このほど出版されました。コンピューターを使わなくても、国語や算数といった教科教育の中でプログラミングの概念を習得できるような実践を、県内の小学校教員による具体的な事例を通して紹介する内容です。そのような切り口の実践本は、国内で初めてとなります。

 2020年に改訂される小学校の学習指導要領では、プログラミング教育の必修化が盛り込まれる一方で、プログラミング教育に特化した教科や授業時間の新設は想定されておらず、各教科の中で取り組むよう定めています。
 そうした中、茨城大学では、教育学部の教員が専門分野をこえてプログラミング教育のカリキュラムや実践の研究を進めており、ICT教育に熱心な古河市などの県内自治体との連携も強化しています。それらの研究や実践の成果として、このほど小林准教授と大阪電気通信大学の兼宗 進 教授の編著・監修によって出版された『コンピューターを使わない小学校プログラミング教育"ルビィのぼうけん"で育む論理的思考』(翔泳社)では、古河市立大和田小学校の藤原 晴佳 教諭、古河市立駒込小学校の坂入 優花 教諭、茨城大学教育学部附属小学校の清水 匠 教諭らによるプログラミング教育の実践例が、豊富な写真とともに紹介されています。たとえば、文章の構造を複数枚のカードに表現し、並べ替えなどを行うことで、プログラミングにとって重要なシーケンスの概念を理解する国語科の授業など、いずれの実践例もコンピューターを使わず(アンプラグド)、既存の教科教育の中で取り組めるものです。
 小林准教授は、「プログラミング教育を巡っては学校現場の戸惑いも多く聞いているが、コンピューターを使わない、教科教育での具体的な実践例を紹介することで、導入のハードルが下がることを期待している。また、普段の教科の授業にプログラミング教育の視点を入れることで、子どもたちの興味が増したり、理解が深まったりするなど、授業改善にも役立つ面がある」と語っています。



(2017年4月12日)