大学院教育学研究科と茨城県教育研修センターが連携協定を締結

 茨城大学大学院教育学研究科と茨城県教育研修センターは、3月10日(金)、連携協力に関する協定を締結しました。今後、相互の機能や人材を活かし、地域の教員養成・研修の充実を図ります。
 茨城大学内で行われた協定の締結式では、本学大学院教育学研究科の生越 達 研究科長と、茨城県教育研修センターの安藤 昌俊 所長が協定書に調印を交わしました。その後の挨拶で生越研究科長は、「大学院や学部の改革を進める中で、教員としての質や実践力を高めるためにどうすれば良いか考えてきたので、今回の連携は嬉しい。茨城の教育についてざっくばらんに議論するきっかけにできれば」と語りました。また、安藤センター所長は、「茨城大学の教職大学院による理論に基づいた高度な実践と、研修センターのノウハウを融合して、すばらしい教員を育てていきたい」と述べました。
 今後は、同センターの新任教務主任研修講座等の講座の運営への教職大学院生の参加、教職大学院の授業への同センター指導主事の参加などの取り組みを進めていく予定です。

edu_tyouin17.jpg
調印式にて(中央左が安藤センター所長、右が生越研究科長)

関連リンク

(2017年3月14日)