トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見
―茨城大・伊賀文俊 理学部教授が結晶育成で貢献、大阪大ら発表

 大阪大学大学院理学研究科の萩原健太氏(修士2年)、生命機能研究科の大坪嘉之助教、木村真一教授、自然科学研究機構分子科学研究所の田中清尚准教授、Synchrotron SOLEIL(仏)のAmina Taleb(アミナ・タレブ)博士、高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所の組頭広志教授、広島大学放射光科学研究センターの奥田太一准教授、茨城大学理学部の伊賀文俊教授らの研究グループは、希土類ホウ化物YbB12の単結晶表面を原子1個レベルで平坦化・清浄化する技術を開発し、その表面電子状態を電子スピンや軌道対称性を分けて測定した結果、この物質が理論的に予測されていたトポロジカル近藤絶縁体(TKI)と呼ばれる状態であることを発見しました。
 希土類ホウ化物YbB12については、茨城大学でのみ単結晶育成に成功しています。
 この研究は,無散逸電流による省エネルギーデバイスやスピントロニクス技術への応用に役立つと考えられます。
 本研究成果は8月31日(水)18時(日本時間)に「Nature Publishing Group「Nature Communications」(オンライン版)で公開されました。

詳しい研究内容はプレスリリースをご覧ください。
【プレスリリース】トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見 次世代半導体素子の省エネルギー化やスピントロニクス素子実現に一歩近づく成果

◆発表論文の情報

<論文タイトル>
Surface Kondo Effect and Non-Trivial Metallic State of the Kondo Insulator YbB12
<著者名>
Kenta Hagiwara, Yoshiyuki Ohtsubo, Masaharu Matsunami, Shin-ichiro Ideta, Kiyohisa Tanaka, Hidetoshi Miyazaki, Julien Rault, Patrick Le Fèvre, François Bertran, Amina Taleb-Ibrahimi, Ryu Yukawa, Masaki Kobayashi, Koji Horiba, Hiroshi Kumigashira, Kazuki Sumida, Taichi Okuda, Fumitoshi Iga and Shin-ichi Kimura
<雑誌名>
Nature Communications
<掲載日>
2016年8月31日オンライン掲載

(2016年9月1日)