アルミニウム化合物による常温・常圧での水素分子活性化反応を発見
―工学部・吾郷 友宏 准教授らの研究グループ

 茨城大学工学部の吾郷 友宏 准教授、京都大学化学研究所の笹森 貴裕 准教授、時任 宣博 教授、近畿大学理工学部応用化学科の松尾 司 准教授らの研究グループは、低酸化状態のアルミニウム化学種であるアルミニウム間二重結合化合物(ジアルメン)を用いて、常温・常圧の状態で水素分子を活性化し、水素化アルミニウム化合物を得ることに成功しました。高反応性のジアルメンは単離して扱うことが困難でしたが、本研究においては、ジアルメンを穏和な条件で発生・制御する、京都大学化学研究所が開発した独自の手法を用いました。
 今回の研究成果は、豊富元素であり環境調和性も高いアルミニウムを用いた、水素化反応触媒や水素貯蔵材料の開発などにつながることが期待されます。 本研究成果は、Wiley-VCH社が出版する化学雑誌Angewandte Chemie International Edition誌にVery Important Papers (VIP)として2016年8月16日に電子版で掲載され、Inside Coverにも選出されました。

詳しい研究内容はプレスリリースをご覧ください。
【プレスリリース】アルミニウム化合物による常温・常圧での水素分子活性化反応を発見 安価で豊富な元素を用いた水素化反応触媒や水素貯蔵材料の開発に期待

アルミニウム間二重結合化合物ジアルメン(図中の2)による水素分子活性化反応

アルミニウムヒドリド化合物の分子構造

◆発表論文の情報

<論文タイトル>
Activation of Dihydrogen by Masked Doubly Bonded Aluminum Species
<著者名>
Koichi Nagata, Takahiro Murosaki, Tomohiro Agou, Takahiro Sasamori, Tsukasa Matsuo, and Norihiro Tokitoh
<雑誌名>
Angewandte Chemie International Edition
<掲載日>
2016年8月16日オンライン掲載

(2016年8月25日)