茨城大学行動規範

本学の行動の指針である「茨城大学憲章」の基本理念のもと、職務を遂行する上で遵守すべき行動規範を定め、私たち役員と教職員が不断に実践する基準とします。

【コンプライアンスの推進を図るために】 <法令遵守、自己責任、職務遂行、社会貢献、自己変革>

私たちは、真理を探究し、豊かな人間性と社会性をもった人間の育成に携わる者として、法令遵守はもとより、公序良俗に反するような行為を厳に慎み、社会的良識と責任に基づいて誠実に職務を遂行し、世界平和・福祉・自然との共生への貢献及び学生や社会からの期待に応えるべく自己変革に努めます。

【有為な人材育成のために】 <教育情報開示、教育改善、プライバシー、成長支援、人材育成>

私たちは、教育情報の積極的開示・管理及び不断の教育改善を行うとともに、多様な文化や価値観と学生一人ひとりの意見・人格・プライバシー等を尊重し、学生の成長支援と安全・健康の維持及び人間性豊かな多様な価値観をもった人材の育成に努めます。

【「知」の創造,蓄積,体系化及び継承のために】 <倫理性、社会的良識、社会還元、研究環境整備>

私たちは、高い倫理性と社会的良識に則った研究活動及び研究成果の社会還元を積極的に推進し、不正行為等の無い高潔な研究環境の整備とともに、研究拠点の発展的形成に努めます。

【地域社会の向上発展と国際交流の推進のために】 <地域社会貢献・連携、国際交流、共同研究>

私たちは、開かれた大学として、常に地域社会への貢献・連携を推進し、大学への要請・期待の把握に努めるとともに、地域から信頼される大学を目指します。また、アジアはもとより国際的な交流と共同研究を推進し、学術と文化の交流拠点となるよう努めます。

【持続的に発展する健全な組織運営のために】 <不正防止、環境保全、個人情報管理、個の尊厳>

私たちは、本学の果たすべき社会的使命を自覚し、透明性、公平性、公正性の確保を心掛け、明朗で自由闊達な教育・研究環境の醸成及び教育・研究活動の環境への影響抑制を推進するとともに、個人情報管理及び人権の尊重等を徹底し、持続的発展のための組織運営に努めます。

 

茨城大学コンプライアンス・ガイドライン

再構築を実行中です...