教育改革支援GP

 文部科学省により、各大学の特色・個性ある優れた取組が選定され支援を受けています。その中でGP(Good Practice: 優れた取り組み)事業では、教育の質向上に向けた大学教育改革の取組が選定され、財政的なサポートや幅広い情報提供が行われ、各大学の教育改革の取組の促進がはかられています。

以下に、これまでに選定された茨城大学の取り組みを紹介します。

平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」 (就業力GP)

取組名称

就業力育成支援カリキュラム「根力育成プログラム」 (根力育成プログラムホームページ)

平成21年度 「大学教育・学生支援推進事業」大学教育推進プログラム【テーマA】

取組名称

初年次からの食のリスク管理教育プログラム

詳細はこちら (プログラムホームページ)

平成20年度 社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム(学び直しGP)

取組名称

組込みシステムの基礎から実践までを体系的に学ぶ教育プログラム

平成20年度 大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)

取組名称

地域教育資源開発による高度教育専門職養成 (詳細はこちら)

平成19年度 大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)

取組名称

地域サステイナビリティの実践農学教育

詳細はこちら  (農学部ホームページ)

平成19年度 特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)

取組名称

確かな学力の向上を目指す理系基礎教育

シンポジウム報告

平成17年度 現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)

取組名称

自然共生型地域づくりの教育プログラム構築

四大学現代GPプロジェクトチーム公開シンポジウム報告

平成17年度 大学・大学院における教員養成推進プログラム(教員養成GP)

茨城大学は、文部科学省による平成17年度「大学・大学院における教員養成推進プログラム」の募集に対して、筑波大学(代表校)、宮城教育大学、千葉大学、東京学芸大学、玉川大学、大阪教育大学と共に、「広域大学間連携による高度な教員研修の構築-「教育の今日的課題」解決に向けた新研修システムの実現 -」という教育プロジェクトで応募し、選定されました。

取組名称

広域大学間連携による高度な教員研究の構築

-「教育の今日的課題」解決に向けた新研修システムの実現-
(他6大学との共同申請代表校:筑波大学)

連携講座「教師のためのこころとからだづくり」(実施責任大学:茨城大学)の紹介(報告書より)

再構築を実行中です...