改革の状況

茨城大学は、「地域創生の知の拠点となる大学、その中で世界的な強み・特色の輝く大学」の構築を目標とし、大学改革を進めています。

 

茨城大学 改革の取り組み

平成29年度からの茨城大学の新しい教育を紹介するパンフレット「NEXT STEP」(2016年5月)

平成29年度に、茨城大学は学部・学科改組を行う予定です。それらの新しい教育の内容を詳しく紹介したパンフレット「NEXT STEP」ができました。

 茨城大学・NEXT STEP「2017年4月、茨城大学は新しくなります。」

大学院教育学研究科「教育実践高度化専攻」(教職大学院)の設置が認可されました(2015年8月)

大学院教育学研究科における「教育実践高度化専攻」(教職大学院)の設置が文部科学省より認可されました。教職大学院では、研究者教員と学校現場の経験が豊富な教員(実務家教員)の協働的指導によって事例研究や実習を効果的に行い、地域や学校における指導的役割を果たし得る実践力・応用力を備え、近年複雑・多様化している学校教育の課題に対応できるスクールリーダーの養成を目指し、平成28年度から学生受け入れを開始します。

 

詳しい内容やパンフレットについては、教育学研究科の下記ホームページをご覧ください。
茨城大学大学院教育学研究科「教育実践高度化専攻」(教職大学院)の設置が認められました

大学院理工学研究科(博士前期課程・博士後期課程)の改組が認可されました(2015年8月)

大学院理工学研究科博士前期課程および博士後期課程の改組が文部科学省から認可されました。
新たに開設される博士前期課程の量子線科学専攻、博士後期課程の量子線科学専攻、複雑系システム科学専攻、社会インフラシステム科学専攻では、茨城県のJ-PARC(大強度陽子加速器施設)などの量子線(中性子線やX線)リソースを活用した研究や、分野を横断した幅広い視野と知見を養う教育を通して、複雑化する社会や地域の要請に応える高度専門職業人の育成を目指し、平成28年度から学生の受け入れを開始します。

 

大学院理工学研究科の改組に関する詳しい情報は下記ページ(PDF)をご覧ください。
茨城大学大学院理工学研究科の改組について

茨城大学改革キャッチフレーズを募集  募集期間:2015年10月13日(火)~11月15日(日)
※応募受付は終了いたしました。

本学の改革の趣旨や方向性を学内外に端的に示すための「茨城大学改革キャッチフレーズ」について、広く学内に公募いたします。
学生を含む多くの方の新鮮な発想により、わかりやすく、訴求力のあるキャッチフレーズを生みだすとともに、改革の趣旨を広く周知することを目的としています。
「茨城大学の改革の取組」を参考に、ふるってご応募ください。

多数のご応募ありがとうございました。2016年1月28日、審査結果を発表しました。
茨城大学改革キャッチフレーズ公募最優秀・優秀作品が決まりました

茨城大学改革キャッチフレーズの学内公募について(PDFファイル)
別紙茨城大学改革の取組(PDFファイル)
茨城大学改革キャッチフレーズ応募用紙(Word形式)

再構築を実行中です...