第10回茨城大学遺伝子実験施設シンポジウム「進化がもたらす生物の多様性と適応力」(水戸)

茨城大学遺伝子実験施設は、11月20日、水戸キャンパスの図書館本館において「進化がもたらす生物の多様性と適応力」をテーマとした第10回茨城大学遺伝子実験施設シンポジウムを開催します。茨城大学理学部、国立遺伝学研究所、国立科学博物館の研究者が、遺伝子にかかわる最新の研究成果をご紹介します。どなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください。

第10回茨城大学遺伝子実験施設シンポジウム

【日時】2018年11月20日(火)13:30~17:00(13:10開場)
【場所】茨城大学水戸キャンパス 図書館本館3階ライブラリーホール (水戸市文京2-1-1)
【参加費】無料・申込不要
【主催】茨城大学遺伝子実験施設
【共催】茨城大学農学部

シンポジウムチラシ
チラシ(PDF)

プログラム

13:30   開会の挨拶 久保山 勉 (茨城大学遺伝子実験施設)
13:35 「ゲノム中の非コード領域における正・負・ゼロの自然淘汰」斎藤 成也 (国立遺伝学研究所)
14:35 「花香遺伝子に刻まれた植物種分化の痕跡を探る」奥山 雄大 (国立科学博物館)
15:15 休憩
15:25 「昆虫における染色体構造・維持機構の多様性と分子基盤」二橋 美瑞子 (茨城大学理学部)
15:55 「ハダニ類の紫外線(UV-B)への適応戦略~DNA損傷応答の種間差の解析~」北嶋 康樹 (茨城大学農学部)
16:25 「シロアリ共生原生生物と宿主の交雑による群集の進化」北出 理 (茨城大学理学部)
16:55 閉会の挨拶 尾﨑 久記(茨城大学副学長)

お問い合わせ

茨城大学遺伝子実験施設

E-mail:grc2〔at〕ml.ibaraki.ac.jp (〔at〕を@に置き換えてお送りください。)

会場・アクセス

〒310-8512茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学水戸キャンパス 図書館本館

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

関連リンク

  • 各種イベント情報など、茨城大学遺伝子実験施設の最新情報は茨城大学遺伝子実験施設ホームページをご覧ください。
  • 2018年11月17日と18日の2日間にかけて、阿見キャンパスで「一般向けバイオテクノロジー実験講座」を開催します。詳しくは、こちらをご覧ください。