第2回サステイナビリティ・フォーラム 2018

茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)はこのたび、フィリピンのイサベラ州立大学よりOrlando F. Balderama教授をお招きしてサステイナビリティ・フォーラムを開催します。本フォーラムでは農業の気候変動影響シミュレーションとSMSを使った意思決定支援システム等について講演していただきます。入場無料・申込不要でどなたでもご参加いただけますので、ぜひお越しください。

※本フォーラムの使用言語は英語です。通訳はありません。

The 2nd Sustainability Forum 2018

日時:2018年8月10日(金) 15:00~16:30
場所:茨城大学水戸キャンパス環境リサーチラボラトリー棟1階 ICAS講義室(茨城県水戸市文京2-1-1)
参加費:無料(事前申し込みは必要ありません)
使用言語:英語(通訳はありません)
主催:茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)

サステイナビリティ・フォーラム2018チラシ画像
詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

会場・アクセス

〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学水戸キャンパス 環境リサーチラボラトリー棟1階 ICAS講義室

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

お問い合わせ先

茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)
TEL:029-228-8787
FAX:029-228-8584
E-mail:icas【at】ml.ibaraki.ac.jp
※【at】を@に置き換えてお送りください。