茨城大学高大接続シンポジウム~英語4技能、どのように学び、どのように測るか~(水戸)

茨城大学は、8月6日(月)、県内外の大学・高等学校等の教育関係者による「高大接続シンポジウム」を、水戸キャンパスの講堂で開催します。

 2020年に現在の大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」では、国語と数学で記述式問題が出題されるほか、英語4技能(聞く・話す・読む・書く)を測定するために英語外部検定試験が広く導入されます。
 英語4技能の重要性はかねてより認識されているものの、高等学校教育や大学教育で十分に浸透しているとはいえません。本シンポジウムでは、英語教育における課題を抽出し、いかにして課題解決をめざすのか、どのように大学入学者選抜で英語4技能を評価するかについて、議論を深めます。高等教育現場の教職員や英語教育に関心のある方など、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

※登壇を予定していた山田泰造氏(文部科学省高等教育局大学振興課大学入試室長)は、竹花浩幸氏(文部科学省 高等教育局 大学振興課 大学入試室長補佐)に変更となりました。

茨城大学高大接続シンポジウム ~英語4技能、どのように学び、どのように測るか~

日時:2018年8月6日(月) 13:30~17:00(13:00開場)
場所:茨城大学水戸キャンパス 講堂
対象者:本学及び他大学教職員、高等学校等教職員、教職志望の大学生、英語教育に関心のある方など
参加費:無料(なるべく事前にお申込みください。ただし当日のご参加も可能です。)
主催:国立大学法人茨城大学
後援:茨城県教育委員会、茨城県高等学校長協会、茨城県私学協会

高大接続シンポジウム20180806

高大接続シンポジウムチラシ(PDF)はこちらから

スケジュール

○開会あいさつ 茨城大学学長 三村 信男

○第1部 講演・報告(13:40~15:55)

  1. 「高大接続改革の動向について」
    竹花 浩幸 氏(文部科学省 高等教育局 大学振興課 大学入試室長補佐)
  2. 「大学入試改革と大学教育改革」-英語を中心に-
    吉田 研作 氏(上智大学特別招聘教授、言語教育研究センター長)
  3. 「生涯にわたって主体的に英語を学び続ける生徒の育成」-生徒が英語を好きになる授業作りを目指して-
    塚田 歩 氏(茨城県教育庁学校教育部高校教育課指導主事)
  4. 「一体化する教育体制における実践的英語能力養成」-茨城大学における4技能型英語教育の実践例-
    佐々木 友美(茨城大学全学教育機構講師)

○第2部 パネルディスカッション「英語4技能、どのように学び、どのように測るか」(16:00~17:00)

【パネリスト】

  • 竹花 浩幸 氏(文部科学省 高等教育局 大学振興課 大学入試室長補佐)
  • 吉田 研作 氏(上智大学特別招聘教授、言語教育研究センター長)
  • 塚田 歩 氏(茨城県教育庁学校教育部高校教育課 指導主事)
  • 齋藤 英敏(茨城大学教育学部 准教授)

○閉会あいさつ 茨城大学理事・副学長(教育統括) 太田 寛行

お申し込み・お問い合わせ

参加申込期限:7月30日(月)
チラシ裏面の参加申込書にご記入のうえ、FAX(送付状不要)またはメールで下記までお送りください。

茨城大学アドミッションセンター
電話:029-228-8574  FAX:029-228-8603
メール:acnyushi[a]ml.ibaraki.ac.jp ※[a]を@に変換してお送りください。