茨城大学-IRSN(フランス放射線防護原子力 安全研究所)国際ワークショップ「大気放射性セシウムとバイオエアロゾルの放出」(水戸)

 茨城大学では、2月19日(月)、フランス放射線防護原子力 安全研究所(IRSN)の研究者を招待し、 「大気放射性セシウムとバイオエアロゾルの放出」をテーマとしたワークショップを開催します(発表言語は英語です。通訳はありません)。
 ワークショップでは、IRSNに加え、気象庁気象研究所や他大学の研究者による発表もあります。 入場無料・事前登録不要ですので、ぜひご参加ください。

茨城大学-IRSN(フランス放射線防護原子力 安全研究所)連携シンポジウム
「大気放射性セシウムとバイオエアロゾルの放出」

日時 : 2018年2月19日(月) 10:00~17:20
会場 : 茨城大学水戸キャンパス図書館3階ライブラリーホール (茨城県水戸市文京2-1-1)
参加費 : 無料 ※事前のお申し込みは不要です。直接会場へお越しください。
主催 : 茨城大学理学部
※発表はすべて英語で行われます。通訳はありませんのでご注意ください。

茨大・IRSNワークショップチラシ
詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

Oral presentation program

10:00-10:10 Opening by Nobuo Mimura, President of Ibaraki University + Message from French Embassy
10:10-10:30 Bioecological resuspension of radiocesium found for the Fukushima nuclear accident (Kazuyuki Kita, Ibaraki University)
10:30-11:00 Dry deposition and resuspension of radioactive materials: Implications from the field measurements (Denis Maro, L'Institut de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire (IRSN))
11:00-11:20 Bioaerosol observations in forested area (Teruya Maki, Kanazawa University)
11:20-11:40 Deposit of radionuclides by fog and cloud droplets on plants (Olivier Masson, IRSN)
11:40-11:50 Discussion
(11:50-13:20) Lunch time
13:20-14:10 Overview of techniques and measurements of bioaerosols using optical detection methods, including (a) selected observations of bioaerosol suspension and (b) advancement of detection strategies (Alex Huffman, Denver University)
14:10-14:30 Internal dosimetry for radioactive caesium in ceder pollen in the early phase of the Fukushima accident (Sakae Kinase, Japan Atomic Energy Agency)
14:30-14:50 Tracer organic matter for bioaerosol research (Kimitaka Kawamura, Chubu University)
14:50-15:10 Simulation on secondary emission of radiocesium from the forest (Mizuo Kajino, Meteorological Research Institute (MRI))
15:10-15:30 Radioactive contamination by forest fires (Akira Watanabe, Fukushima University)
(break)
15:40-16:00 Model studies in SAKURA project (Tsuyoshi Thomas Sekiyama, MRI)
16:00-16:20 Radioactive aerosols and fungi: mechanics and model (Yuko Hatano, University of Tsukuba)
16:20-16:40 Radiocesium behavior within the forest ecosystem (Jun Furukawa, University of Tsukuba)
16:40-17:10 Discussion on potential international collaboration
17:10-17:20 Concluding remarks (Kazuyuki Kita, Ibaraki University)

会場・アクセス

〒310-8512茨城県水戸市文京2-1-1 茨城大学水戸キャンパス 図書館

JR水戸駅 (北口) バスターミナル7番乗り場から茨城交通バス「茨大行 (栄町経由) 」に乗車、「茨大前」で下車。

※時間帯によっては、「茨大正門前」 (最寄り) で下車することができます (バス乗車時間は約25分)。詳しくは下記「茨城大学専用のバス案内ページ」をご覧下さい。

お問い合わせ

〒310-8512 水戸市文京2-1-1 茨城大学理学部 北和之
TEL : 029‐228‐8400
E-mail : kazuyuki.kita.iu〔at〕vc.ibaraki.ac.jp
※〔at〕を@に置き換えてお送りください。