公開シンポジウム「霞ヶ浦流域研究2018」(行方)

 茨城大学広域水圏環境科学教育研究センターは、3月4日(日)、行方市のレイクエコーで公開シンポジウム「霞ヶ浦流域研究2018」を開催します。入場無料、事前申込み不要で、どなたでもご参加いただけます。
 このシンポジウムは、霞ヶ浦流域で研究を行う学生・研究者・市民が交流する場として、2014年から毎年開催しています。今年も多くの参加者が環境や生きものに関する研究成果を発表し、情報共有や意見交換を行います。
 皆様のご来場をお待ちしています。

公開シンポジウム「霞ヶ浦流域研究2018」(行方)

【日時】2018年3月4日(日) 10:30~17:00(受付開始 10:00)
【場所】レイクエコー 講座室2(茨城県行方市宇崎1389)
【入場料】無料(事前申込不要)
主催:茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター、霞ヶ浦流域フィールド教育コンソーシアム

霞ヶ浦流域研究2018チラシ
詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください。

プログラム

10:30~10:35 開会 
桑原 祐史(茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター センター長)
【午前の部】
10:35~10:50 「淡水湖の沿岸帯におけるシラウオ卵の分布密度と環境要因との関係」 
岡本悠(茨城大学)
10:50~11:05 「水理特性と稚魚の生息数に着目した魚巣の有効性評価」 
曲 渕光(茨城大学)
11:05~11:20 「北浦とその流入河川におけるチャネルキャットフィッシュの生息状況と摂餌生態」 
平山 拓弥(茨城大学)
11:20~11:35 「霞ヶ浦沿岸帯におけるチャネルキャットフィッシュ稚魚の食性と生息場所利用」 
山崎 和哉(茨城大学)
11:35~11:50 「霞ヶ浦周辺における最近の外来魚ダントウボウとカダヤシの生息状況」 
萩原 富司(土浦の自然を守る会)
11:50~12:05 「平成29年の霞ヶ浦におけるワカサギ状況および資源と環境に関する一考察」 
所 史隆(茨城県水産試験場内水面支場
12:05~13:50 【休憩&ポスターセッション
「ヒメスナホリムシはなぜ人の足を噛むのか」 
粕尾 絵美・平沼 稚子(鉾田第二高校生物部)
「光環境におけるRH1遺伝子の変異と収斂進化」 
鈴木 さくら・小林 万莉亜・藤代 彩花(清真学園高校)
「越谷北高校周辺の水生生物を探る」 
川上 瞭・木本 颯(越谷北高校生物部)
「アメリカザリガニP.clarkiiが環境に与える影響力」 
伊藤 貫司(越谷北高校生物部)
「霞ヶ浦におけるオオタナゴの仔稚魚の識別方法と出現時期」 
山本 天誠(日本大学)
「菅生沼で採集された外来魚4種と外来スジエビ」 
内田 大貴(茨城大学)
「北浦に流入する全23流入河川における魚類の分布と環境との関係」 
大森 健策(茨城大学)
「北浦の流入河川におけるヌマチチブの生息場所利用」 
石塚 実紀(茨城大学)
「北浦周辺の農業水路におけるキンブナの成長と成熟」 
石塚 隆寛(茨城大学)
「茅ヶ崎自然生態園の取り組みについて」 
赤木 光子(東京海洋大学海洋科学部)
「ウェーブリップルが地層中に残る堆積速度の条件(予報)」 
滝 俊文(茨城大学)
「深層ANNの画像分類を用いた河川洪水に対する防災支援情報の開発」 
塙 翔一郎(茨城大学)
【午後の部1】
13:50~14:05 「霞ヶ浦北浦における植生帯周辺の堆積物の特徴と堆積プロセス」 
安藤 毅(茨城大学)
14:05~14:20 「ウェーブリップルの形成における含有泥質堆積物の影響」 
松久 祐子(茨城大学)
14:20~14:35 「数値計算による霞ヶ浦・北浦の物理構造の解析」 
高野 稜人(茨城大学)
14:35~14:50 「霞ヶ浦における熱収支と貧酸素水塊発生に関する研究」 
小澤 友子(茨城大学)
14:50~15:05 「数値モデルによる東京湾の河口周辺部の流動構造の解析」 
木村 和久(茨城大学)
【午後の部2】
15:20~15:35 「パッシブサンプラーを用いた底層溶存酸素調査法の開発」 
亀田 豊(千葉工業大学)
15:35~15:50 「霞ヶ浦の生態系サービスの経済評価の検討」 
北村 立実(茨城県霞ケ浦環境科学センター)
15:50~16:05 「帰宅困難地域の森林河川に生息する付着藻類の放射性セシウム量の季節変化」 
上野山 諒一(茨城大学)
16:05~16:20 「帰還困難区域の山地渓流に生息するイワナ・ヤマメの放射性セシウム濃度の推移について」
中里 亮治(茨城大学)
16:20~16:35 「活魚測定法を用いた渓流魚の給餌飼育における放射性セシウムの取り込み・排出のモニタリングと魚体内のセシウム低減化法に関する研究」 
鈴木 貴大(茨城大学)
16:35 閉会 
中里 亮治(茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター 副センター長)

会場・アクセス

レイクエコー (茨城県行方市宇崎1389) [アクセス詳細]

潮来・行方・鹿嶋広域路線バス「鹿行北浦ライン」に乗車し、「レイクエコー・白浜少年自然の家・なめがたファーマーズヴィレッジ中央」停留所で下車。高速バス停留所「水郷潮来」、JR鹿島線「延方駅」、大洗鹿島線「鹿島大野駅」等の停留所から乗車できます(時刻表・停留所等詳しくはこちらをご覧ください)。

・電車をご利用の場合
 大洗鹿島線「鹿島大野駅」からタクシーで約15分。
 JR鹿島線「延方駅」からタクシーで約15分。

・高速バスをご利用の場合
 高速バス停留所「水郷潮来」からタクシーで約20分。

・自家用車をご利用の場合
 水戸方面より約50km、約70分。土浦方面より約46km、約70分。東京方面より約100km、東関東自動車道経由で約90分。

お問い合わせ

茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター
事務局 碓井星二・加納光樹
TEL:0299-66-6886
E-mail:suiken〔at〕ml.ibaraki.ac.jp
※〔at〕を@に置き換えてお送りください。